小中学生による社会課題解決アイデアNo.1を競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』応募受付を開始

子どもの体験型キャリア教育およびビジネス教育事業を推進している株式会社バリューズフュージョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内 慶太、以下バリューズフュージョン)では、今回小中学生による社会課題解決の優れたアイデアを競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』の応募受付を開始したことを発表した。

『スタートアップJr.アワード2020』概要

『スタートアップJr.アワード2020』は、小中学生が考えたアイデアを、書類選考による一次審査と実際のプレゼンテーション動画による二次審査を経て、通過者が決勝大会にて現役ビジネスパーソンの審査員の前でプレゼンテーションしてグランプリを決定する。

アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も含めて総合的に評価される。

初開催となった2019年度は小学生限定で行われたが、今年度からは中学生にも門戸を拡大、小学生、中学生の2部門にてスケールアップして実施することになった。

バリューズフュージョンでは、次世代を担う子どもたちが豊かな発想力で自由にアイデアを考え、社会に発信できるこのイベントを通じて、キャリア教育の促進につなげていきたいと考えている。

審査基準

  • アイデアの独創性、着想力
  • プレゼンテーションの構成
  • プレゼンテーションの表現力、訴求力

*アイデアの実現性よりも上記を重視。

部門

小学生部門/中学生部門 *ともにチームでの参加も可。

賞及び副賞

小学生部門、中学生部門ともにグランプリ/準グランプリ/3位を各1名ずつ選出。

両部門のグランプリ受賞者は、ドバイ万博2020(開催時期:2021年10月1日〜2022年3月31日)への招待を予定している。

ドバイ万博2020(イメージ図)

日本の子どもを代表して「ドバイ万博子どもレポーター」として現地で世界中の文化や科学、新しい技術に触れてもらい、そのメッセージを国内外へ発信する機会を設ける。

*ドバイ万博への招待は2021年10月以降となるが、その時期における社会情勢を考慮した上で、状況によっては中止する場合がある。

スケジュール

プレエントリーと一次審査書類の応募受付:2020年8月1日(土)~12月1日(火)

プレエントリーをすると、一次審査書類の提出方法の案内と同時に、特典としてyoutubeにて、一般社団法人 プレゼンテーション協会監修の限定公開動画『プレゼンテーションのコツ』が視聴可能(9月下旬予定)。

一次審査通過者によるプレゼン動画の応募受付:2020年12月20日(日)~2021年1月20日(水)

二次次審査通過者(ファイナリスト)による決勝大会:2021年3月6日(土)

*決勝大会は都内都心部の会場を予定しているが、社会情勢によってはオンライン開催となる場合もあり。