E-Research、誰でも無料からプログラミングを学べるフリーカフェ「&&」を近畿大学周辺にオープン

大学生のキャリア支援事業を展開する株式会社E-Research(本社:大阪市中央区 代表取締役:南出秀哉)は、2020年12月(予定)に大学生や社会人のキャリア支援のため、誰でもプログラミングが学べる「ITフリーカフェ&&」の開校とサービス提供を開始することを発表した。

「ITフリーカフェ&&」概要

これからの社会で必須スキルになるプログラミングスキルをもっと手軽に

プログラミング教育の義務教育化も始まり、プログラミングというスキルの必要性は疑う余地もない。

特にこれからの時代を働く大学生を含める若手人材にとって英語以上に必要なスキルになることが予想される。

しかし、現状のプログラミング教育の環境は

  • 高額な費用がかかる
  • 低価格帯のサービスは独学が前提
  • サポート体制が不十分(挫折率90%以上)

という誰でも学び出せるという状況ではない。

そこで、E-Researchは誰でも無料からプログラミング学習のサポートが受けられ、学校帰りや仕事帰りに学びにこれる空間、「ITフリーカフェ&&(アンド)」を開校するに至った。

オンライン推奨の時代にオフラインサービスを展開する理由

※イメージ画像

新型コロナウイルスの拡大を受け全世界がリモート環境に注目している中、もっと言えば既にオンラインで学習できるオンラインの代名詞のような「プログラミング」をオフラインでサービス提供するのには理由がある。

1.オンライン学習での挫折率の高さ

プログラミング学習は、決して簡単なものではない。

論理的思考力、発想力、コーディングスキルなど非常に様々な能力を求められるスキルである。

にもかかわらず、なぜかプログラミング学習はオンラインコンテンツを利用し独りで学ぶことが主流になっている。

&&は、オンライン&独学では不十分になる「サポート体制」を強化するため、オフラインでのサービス提供を行う。

2.プログラミングをもっと身近に

オンラインサービスというのは、一見誰でもすぐに始められるという意味で「手軽、身近」という印象を持たれがちだが、実は大きな欠点がある。

それは、『学習のきっかけを与えることができない』こと。

ある程度の具体的な目標やモチベーションを持っている方は、自身で検索し最適なサービスを見つけて来ることができる。

しかし、これからの時代はそうではない、潜在的に必要性を感じている方もプログラミングを学ベる導線が必要であり、それがオフラインサービスである&&である。

&&のサービス内容

  1. 無料利用プラン
  2. 月額有料プラン
  3. フリーランスプラン

&&では3つの利用プランを設けており、全利用者に共通するサービスとして、

  • フリーWifi
  • フリードリンク
  • 現役エンジニアの質問対応

がついている。

追加料金を支払うことでスキル習得の可能性をさらに広げることが可能になる。

特にフリーランスプランは、システム開発会社やデザイン会社などのその業界で実際に活躍する現役の方からの直接指導にこだわっており、どこよりも実践的な学習を進めることが可能(フリーランスプランのコンテンツは随時追加予定)。