Weness、授業時間を半分・予習時間を1/4にするZOOMと『ハイブリッド手元動画』を駆使した「オンライン反転授業」を提供開始

教育イノベーションカンパニーである株式会社 Weness(本社:東京都新宿区、代表取締役 伊藤 太)は、2020年 8月に ZOOM と手元動画(特許出願中)を駆使した「オンライン反転授業」のサービスの提供を開始したことを発表した。

試験導入先として、最先端のオンライン授業を実施している学校のひとつ東京都の宝仙学園小学校にて7月23日から5日間、小学校3年生・4年生(合計33名、教員8名)を対象に、夏期補習会で「オンライン反転授業」を実施した。

「反転授業」とは

学習形態のひとつで、従来の「授業」を受けてから「復習」する手順から、「予習」をしてから「授業」を受けるという従来の学習形態を反転させた学習スタイル。

生徒たちは新たな学習内容を、自宅や様々な場所で、オンライン上でタブレットなどを用いて「ビデオ授業」を視聴し予習で学習内容をインプット、理解した上で、その後「教室で学び合いや発表等の能動的なアウトプット」を行うことで、理解を深めるという学習形態により学力向上が期待される方法。

ただし、これまで「生徒の負担の大きさと学習意欲の問題」「予習実施率」に加え、通信環境、端末などの「ICT環境の整備」が課題になっていた。

宝仙学園小学校が導入した「オンライン反転授業」概要

特徴

予習時間を1/4に!さらに予習率100%!

予習)手元動画の画像

反転授業の課題だった生徒の負担と予習率の低さは「動画の⻑さと質」に問題があった。

通常なら 20分-30分かかる「授業風景」を「大幅な時間短縮と理解度の向上」を実現した、5分程度の「ハイブリッド手元動画(特許出願中)」に置き換え、予習負担の軽減と学習意欲の向上を実現。

予習実施率100%を達成している。

ハイブリッド手元動画(特許出願中)とは:従来の予習を受ける生徒側の課題として「予習をする時間が長い」と「予習なのでやる気が起きない」という課題があり、「予習率の低さ」が「反転授業」成功のための課題となっていた。

株式会社 Weness は、「ハイブリッド手元動画」を開発し、上記の課題に対して「わかりやすい」「眠くならない」「平均5分」という独⾃の⼿元動画を開発・標準規格化に成功し、短時間で効果的な学習サポートを⾏っている。

予習)手元動画の画像

同社は大手の教育関連会社、予備校、IT企業の出身者からなる教育のプロ集団で、教育機関や大手教育関連会社に対して高難度かつ専門的な教育サービスを提供しています。

実際、宝仙学園小学校「夏期補習」では、初めての「反転授業」であるにもかかわらず、初日60%、2 ⽇⽬以降では 100%の予習実施率を、小学3年生・4年生すべてのクラスで実現。

また、授業の「わかりやすさ」は平均 9.29 点(10 点満点中)、「やる気度」は9.37点(10点満点中)と、学習効果・学習意欲ともに高評価を得ている。

授業時間が 1/2 に

ZOOMのブレイクアウトセッションも駆使するオンライン授業

宝仙学園小学校「夏期補習」では、「オンライングループワーク」での主体的・協働的な深い学びを含め、当初設定(コロナ禍前)の1/2の時間で授業を実施した。

先生、生徒の進捗の見える化と自動化

生徒の理解度/満⾜度/「やる気度」等の学習状況データを⾃動で⽣成し「見える化と省力化」を同時に実現する。

せいとのやる気を計測するリフレクションシート

生徒のやる気を計測するリフレクションシート

なぜいま、ZOOMをつかった反転授業が求められているのか

教師の働き方改革 と 短期間での生徒の学習効果最大化

現在、新年度開始と同時に全ての授業に双方向オンライン授業を導入した宝仙学園小学校を初めとした「一部の先行する私学」を除き、大多数の教育現場では「3ヵ月に及ぶ休校要請」「分散登校」等により「実質9ヶ月で12ヶ⽉分の授業」を実施することが求められている。

そのため、全国の多くの学校で教員は授業準備その他の大量の仕事に追われ、夜遅くまで勤務しているという状態が続いている。

今回の宝仙学園小学校「夏期補習」では、大幅な授業時間の短縮により全教科の授業が午前中で終了し、生徒は「午前は授業、午後は予習」という生活スタイルが確立した。

宝仙学園小学校での事例で具体的なステップと成果

全体の流れ「オンライン反転授業」

Wenessが提供するオンライン反転授業では「準備」「予習」「授業」「管理」の4ステップで構成されている。

Wenessが提供する「オンライン反転授業」での成果

宝仙学園小学校での実績

  1. 授業時間を「2分の1」に短縮
  2. ⽣徒の予習率初日の60%から、2日目以降100%を達成(4教科2学年(合計8教科分で計測)
  3. 生徒の「やる気度」向上 授業実施前平均9.15から9.37へ向上
  4. クラウドサービスを活⽤した「学習の進捗や理解度、学習項目別の達成度等の⾒える化」が実現
  5. 生徒の最適な学習サイクル(午前は授業、午後は予習)が実現

今後の可能性

  • 授業時間の大幅な短縮と教員の負担軽減・働き方改革
  • 学校教育の成果向上と課外活動の両立
  • 欧米に後れを取るICT教育の発展

Wenessでは、「オンライン反転授業」には、いかなる状況下でも、先生と生徒双方の負担軽減と教育成果の向上を実現する可能性があり、「先生も午前中で授業を終え、午後は授業準備や部活、個別指導などが行え、定時には帰宅できる」といった「働き方改革」「日本の教育の持続的発展」が実現できると考えている。