事業課題解決型プラットフォーム「DMM.make AKIBA」と「note」、スタートアップやクリエイターの支援を目的に連携

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長兼CEO 亀山敬司、以下DMM)は、モノづくり施設を中心とした事業課題解決型プラットフォーム「DMM.make AKIBA」がnote株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:加藤貞顕)と連携を開始したことを発表した。

今回の連携により、モノづくりやビジネスに挑戦するDMM.make AKIBAの会員※は1年間無料で「noteプレミアム」を利用することが可能。

また、note株式会社が主催する勉強会等にも参加することが出来る。※Drop-in会員を除く。

さらに、本連携を記念し9月11日(金)にnote株式会社と共催でスタートアップ向けオンラインセミナーを開催する。

noteを活用して継続的に情報発信をするスタートアップ2社をゲストに招き、その活用術を紐解いていく。

DMM.make AKIBAとnoteの連携について

DMM.make AKIBAは、2014年11月に開設したハードウェア開発用に約5億円を投資した機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ、24時間利用可能なコワーキング施設を備えた、新たなモノづくりに挑戦するイノベーターをトータルで支援する事業課題解決型プラットフォーム。

これまでも会員に対し、施設という役割だけでなく、事業提携・オープンイノベーションに向けたマッチング支援や、設計・開発、事業計画、知的財産など各領域におけるプロフェッショナルに相談できる「メイカーズ相談会」の無料提供、PR活動支援などを行ってきた。

今回はDMM.make AKIBAでモノづくりやビジネスに挑むスタートアップやクリエイターが各々の活動を発信できる環境を整えるため、“クリエイターを支援する”という同じ想いを持ったnote株式会社の協力の元、無料で「noteプレミアム」を利用できる取り組みを開始。

既にDMM.make AKIBA公式note内のマガジン「STARTUPS」及び「MAKERS」にて会員による投稿を開始している。

今後も会員に向けた包括的なサポート体制を強化していく。

また、今回DMMの会長兼CEO亀山敬司が代表理事を務める一般社団法人42Tokyoでも同様の取り組みを開始する。

note × DMM.make AKIBAオンラインセミナー 開催概要

イベント名

「1から始めるスタートアップのnote発信術 produced by DMM.make AKIBA」

日時

2020年9月11日(金) 16:00〜17:20 (予定)

参加費

無料

申込期限

9月11日(金)12:00迄

形式

オンラインセミナー ※Peatixより申し込むと視聴URLが当日までに送信される。

内容

  • noteの活用方法
  • トークセッション&質疑応答
    • テーマ① なぜnoteなの?
    • テーマ② 情報発信を続けるコツは?

登壇者

  • note株式会社 事業開発 高越 温子 氏
  • ユカイ工学株式会社 デザイナー/ユカイnote大臣 原田 詩織 氏
  • 株式会社 Zaim 執行役員 CCO 綿島 琴美 氏
  • 合同会社DMM.com DMM.make AKIBA コミュニティマネージャー 浅田 七星(モデレーター)

※プログラムやスケジュールは変更となる場合がある。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。