全国2,500教室以上が活用する「Monoxer」旺文社の大学受験用英単語集『英単語ターゲット1900』などターゲットシリーズ4点を提供開始

モノグサ株式会社(東京都千代田区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑)の提供する記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」が、株式会社旺文社(東京都新宿区 代表取締役社長:生駒大壱)よりライセンスを受け、Monoxer上で『英単語ターゲット1900』、『英単語ターゲット1400』、『英単語ターゲット1200』、『英熟語ターゲット1000』をベースとした教材を、2020年8月11日にリリースしたことを発表した。

記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」で、新たにターゲットシリーズをベースとした教材を学習できるようになった。

同シリーズは、大学受験用英単語集書店売上No.1(※トーハン出版情報ネットワーク「TONETS i」調べ[高校学参ジャンル 2019年1月~2019年9月])の『英単語ターゲット1900』をはじめ、多くの受験生に利用されている。

Monoxer内でターゲットシリーズと塾や学校のオリジナル教材を併用することで、総合的に学習を進めていくことが可能になる。

背景

Monoxerは生徒数が数万人の大手塾・予備校から、生徒数が数十人の地域密着型の塾、および学校現場での導入実績があり、生徒の記憶定着を支援するために様々な教科・用途で活用されている。

その一環として、2020年3月より、旺文社の「英検(R)でる順パス単」をベースとした英検対策教材を、Monoxerの法人利用ユーザーに向けて提供し、学校現場での英検取得ニーズの高まりにも応えてきた。

今回、中学生・高校生を中心に遠隔での学習や受験に向けた記憶定着をより一層支援するため、ターゲットシリーズを新たに提供する運びとなった。

教材「英単語・英熟語ターゲット」シリーズの概要

ターゲットシリーズは、1984年以来のロングセラーとなる大学受験用英単語・英熟語集で、“でる順” “一語一義”という一貫したコンセプトによって多くの大学受験生から支持されてきた。

2020年1月には『英単語ターゲット1900』、『英単語ターゲット1400』、『英単語ターゲット1200』3点の改訂を行い、旺文社独自の大学入試データベースの分析に基づく最新の「でる順」を反映している。

Monoxer上では、紙の書籍上では実現が難しい、音声再生機能やディクテーション機能を活用して、英単語・熟語の暗記のみならず、例文をまるごと憶える、リスニング力を向上させるといった学習方法を付加することにより、文法問題や英作文など幅広い応用力の向上が期待できる。

また、Monoxerの特徴である、記憶度の把握や記憶度に基づいた出題頻度や難易度の自動最適化によって、どのレベルの人でも無理なく効率的に学習することが可能。

※教材の利用には、Monoxerの基本料金に加え、別途料金が発生する。「英検」は公益財団法人日本英語検定協会の登録商標。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。