認定NPO法人エデュケーションエーキューブ 、貧困による教育格差を抱える子どもたちへICT教育の提供を目指しクラウドファンディングプロジェクトを実施

子ども支援の認定NPO法人エデュケーションエーキューブ(代表理事:草場勇一、本社:福岡県福岡市西区、以下エデュケーションエーキューブ)ときびだんご株式会社(代表取締役:松崎良太、本社:東京都新宿区、以下Kibidango)は、同社が運営するクラウドファンディングサービス「Kibidango」にて、『ICT環境を備えたオルタナティブスクール「スタディプレイス」』のプロジェクトを2020年8月6日(木)より開始することを発表した。

『ICT環境を備えたオルタナティブスクール「スタディプレイス」』プロジェクト概要

4番目の教室となる「スタディプレイス春日原」(福岡県大野城市)の開校に伴い、最先端のICT環境を揃えた公教育に代わる新たな学び場・オルタナティブスクール作りに挑戦する。

「スタディプレイス春日原」では、各生徒につき1台iPadを用意し、教育格差を抱える子どもたちが場所や時間を問わず、個別最適化された学習やSTEM教育などの最先端教育を受けることのできる機会を創出する。

また、協働型学習が可能な学習環境の整備に向け、大型モニターとAppleTVを導入。

さらにコミュニケーションや触れ合いの場として、本やボードゲーム、カードゲームを豊富に備えるライブラリーを設置予定。

withコロナ時代の新しい学習環境として、教室への登校(オフライン)、また在宅(オンライン)のどちらにおいても、子ども達が主体的に楽しく学ぶことができる環境作りを目指すという。

支援の特典には、事業報告会への招待やライブラリー用図書を選ぶ権利をはじめ、教室に名前プレートを設置できる権利、スタッフおすすめのアナログボードゲーム、博多名物「もつ鍋」のスペシャル価格セットなどを用意。

このプロジェクトを、8月6日14:30〜9月15日23:59まで、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で展開する。

目標金額は50万円。支援特典価格は、プロジェクト期間限定で3,000円(税・送料込)~となる。

支援金の使い道

スクール全体の改装資金は自己資金(助成金・借入)で実施。

今回のクラウドファンディングで調達した資金は、

  1. 協働学習で使用する大型モニター/Apple TVの設置
  2. ライブラリーの蔵書代
  3. アナログゲームの購入費

に充当される。

新たな学習の選択肢:オルタナティブスクール「スタディプレイス」とは

スタディプレイス野方校での学習の様子

「スタディプレイス」は、学校(公教育)に代わる新しい学びの場・オルタナティブスクール(フリースクール)。

「スタディプレイス」への出席は、学校に通うことと同等にみなされ、子ども達が1人1台のPC・タブレットを使って、e-laerningによる個別最適化された学習を行う。

また、今後の社会生活に必須となるITリテラシーを高める学びの機会や自分の興味・関心を深掘りする探求型学習の機会を提供している。

現在は福岡市内3カ所に(4校目を福岡県春日市に開校予定)展開しており、今後は日本全国への普及を目指していく。

オルタナティブスクールとは:オルタナティブスクール(Alternative school)とは、公立でも私立でもない公教育に代わる「もう一つの学校」として近年注目されている新たな学び場のかたち。個人を尊重し、子どもが本来持っている探求心に基づいて、自律的・主体的に学習や行事が展開されるようなカリキュラムの提供が最大の特徴。

「スタディプレイス」が提供する21世紀型教育

STEM教育カリキュラム「ステモン 」

特に力を入れている分野は、ITリテラシーに関する教育である。

人工知能 (AI) やロボットがますます生活に浸透していくと予測される21世紀において必須とされる学問だが、その一方で高価な機器や専門的なソフトが必要であったりと貧困問題による教育格差が起こりやすい分野でもある。

「スタディプレイス」のプログラミング学習では、ビジュアルプログラミングツール「スプリンギン」を使用し、子ども達の創造性を最大限に引き出せるよう考えられたカリキュラムを提供している。

また、STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育では、モノづくりを通じて理数系の知識を横断的に学ぶことで「想像する力」・「表現する力」・「問題解決する力」の会得を目指す専門カリキュラム「ステモン」などを採用している。

Zoomでニューヨーク・サンフランシスコと繋ぐ授業

Zoomでニューヨーク・サンフランシスコと繋ぐ授業

オンライン学習のサポートも、「スタディプレイス」の重要な役割の一つ。特に新型コロナウイルス拡大の影響を受ける昨今では、よりその必要性が高まっている。

「スタディプレイス」では、学校休校処置後も子ども達の学ぶ権利を守るべく、PC・スマホなどのデバイス、ビデオ会議システムのzoomや教育管理システム(LMS)のedmodo/ Google Classroom等のコミュニケーションツールを活用し、オンラインで学習のサポートや体験活動を積極的に提供している。

もちろんオンラインであっても内的な学習だけに留まらず、むしろその強みを生かし、ニューヨークやインドなど海外と繋がりを交えた学習機会の創出に努めている。

「スタディプレイス春日原」では、相互理解やコミュニケーション力を養う場、ならびに子ども達がリラックスして過ごせるスペースとして、500冊以上の図書、豊富なボードゲームやカードゲームを揃えるライブラリーを整備する。

特典内容/価格

  • 自宅で眠っているApple TV寄贈コース:¥3,000
  • 東京・福岡でのエデュケーションエーキューブ事業報告会へ招待:¥3,000
  • 博多名物「もつ鍋」を食べて子ども達にAppleTVを!(博多もつ鍋セット4人前):¥5,000
  • スタディプレイス春日原校に名前を刻むことができる権利:¥5,000
  • ライブラリーにあなたのオススメ本1冊を含む10冊の本を置ける権利:¥10,000
  • スタッフオススメのゲーム1つが届く:¥ 10,000
  • 博多名物「もつ鍋」を食べて子ども達にAppleTVを!(博多もつ鍋セット8人前):¥ 10,000
  • スタディプレイスの授業に1日体験参加できる権利:¥10,000
  • ライブラリーにあなたのオススメ本2冊を含む20冊の本を置ける権利:¥ 20,000
  • スタッフオススメのゲーム2つが届く:¥ 20,000
  • ライブラリーにあなたのオススメ本3冊を含む30冊の本を置ける権利:¥30,000

※価格はすべて税・送料込み。