ネットラーニング、企業内の自律的・自発的な学びを支援する定額制学び放題プラン『LearningSpace』を提供開始

オンライン研修、および教育・研修のトータルデジタルソリューションを提供している株式会社ネットラーニング(代表取締役社長:岸田 徹、本社:東京都新宿区)は、企業内の自律的で自発的な学びを支援する定額制学び放題プラン「LearningSpace(ラーニングスペース)」を2020年8月12日よりサービス提供開始することを発表した。

「LearningSpace」概要

サービス開始の背景

パンデミックは、時計の針をいっきにまわした

企業はビジネスモデルの転換をせまられ、求められる人材も大きく変わり、ジョブ型などその働き方も変わってきた。

企業の人材育成は、いま大きな変化をせまられている。

適材適所から適所適材へ

自律型人材や即戦力となる人材の育成はこれまで以上に重要である。

また、その育成スピードの加速化が求められている。

スキルの多様化、個別化、高度化、専門化、新規化に対応する学習環境を社員に用意することこそが、企業の緊急の課題であり、ラーニングスペースは、その課題にこたえるサービスである。

企業が研修の中心としてとらえてきた集合研修は、今までと同じ形での実施が困難になったことも背景にある。

自律的かつ自発的な学習意欲と学習の継続を社員へ身につけさせることは、企業の大きな課題。

ラーニングスペースは、人によるサポートなどを含め、さまざまな工夫とサービスを提供する。

さらに学習意欲を向上させるデジタル修了証明書オープンバッジ※にて、受講者の知識やスキル習得を強力にサポート。

オープンバッジ:オープンバッジは、IMS Global Learning Consortium(IMS Global)が定める、世界技術標準によるデジタル修了・資格証明書。

また、社員の学びを止めることのない定額制学び放題プランであるため、企業が選択したコースの中であればいくらでも学ぶことができ、研修コストにも配慮したサービスとなっている。

ラーニングスペースは、企業の成長戦略において大変重要な自律型人材や即戦力となる人材の育成を支援する。

サービス内容

LearningSpaceのサービス内容は、3要素から構成されている。

  1. 約250コースのネットラーニング制作オリジナルeラーニングコースより各社自由に選択可能
  2. 研修管理者向けポータルサイト利用による運営一元管理
  3. デジタル修了証明書「オープンバッジ」の発行