長岡市・長岡高専・KDDIの3者、ICT・起業家人財育成による地域産業創出に向けた協定を締結

新潟県長岡市(市長:磯田 達伸、以下 長岡市)、独立行政法人国立高等専門学校機構長岡工業高等専門学校(所在地:新潟県長岡市、校長:原田 信弘、以下 長岡高専)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、5GやIoTなどの先端技術を活用したICT人財や起業家人財の育成による地域産業創出を目指し、「地方創生に向けた産業創造連携協定」を2020年8月5日に締結したことを発表した。

「地方創生に向けた産業創造連携協定」概要

長岡市は、鉄工や鋳物、電子・精密機器など多様な「ものづくり企業」が集積する工業都市であり、人口26万7,000人を擁する新潟県内第二の都市である。

市内には4つの大学と工業高等専門学校があり優秀な学生を輩出しているが、地元への定着が課題であり、起業・創業や新技術の開発・活用支援、企業との実践的協働機会の提供など若者が魅力に感じる施策が必要となっている。

まちの未来をつなぐため、長岡市は、米百俵の故事で知られる教育文化を背景に、市内4大学1高専の知見と企業の技術力を活かし、人づくりと産業振興を目指す「NaDeC(ナデック)構想」を推進している。

意欲ある未来の担い手の確保・教育、学生の起業・創業の支援、先端技術の活用による企業の生産性向上などにより、「長岡版イノベーション」の実現に取り組んでいる。

三者は本協定を通じて、長岡市と長岡高専が有する育成基盤に、KDDIが有する5GやIoTなど先端技術を活用したICT人財教育や、地方創生における起業家育成の知見を掛け合わせることで、次世代地域産業をリードする人財を育成し、地域産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進と新産業の創出を目指す。

協定の内容

1. 先端技術の地域活用についての共同研究

  • 5Gを活用したオンライン教育に関する共同研究の実施
  • 次世代地域産業のDX化を推進するための、IoT先端技術を活用した体験型教育の共同研究の実施

2. 国際的視野を持ったイノベーション人財および起業家人財の育成

取り組み例

  • イベント体験や起業家講演など研修機会の創出による起業家マインドの醸成
  • 効率的な事業立ち上げを支援する起業家育成プログラムの実施
  • 地域企業や地域エンジニアへのリカレント教育の実施

3.地域の企業やスタートアップ企業との連携で取り組む地域課題の解決

取り組み例

  • イノベーション力向上につながるコンテンツのオンライン化や配信プラットフォーム提供による学習機会の拡大と地域連携の強化
  • KDDIパートナーアセットなどを活用したICT化による地域のDXを支援

4.地域内資源の活用と高度化

取り組み例

  • 「人づくり・学び」、「産業振興」、「にぎわい」の拠点となる「米百俵プレイス(仮称)」の機能を最大限に活用し、4大学1高専が持つ知見と地域企業が持つ高い技術力の融合による新産業の創出、および地域産業の高度化
  • IoT先端技術を活用した、バイオマス、農林水産品、観光資源などの地域資源の価値向上

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。