CAD・BIMの即戦力スキルが学べるオンラインスクール「ReCADemy」、BIMソフトウェア「Revit」のオンライン講座を開講

eラーニング事業を展開する株式会社プロシーズ(代表取締役:花田 隆典、以下プロシーズ)とCAD/BIM研修事業を展開する株式会社BRINGROW(代表取締役社長:富田 俊介、以下ブリングロウ)は、建築業界で近年導入企業が増加しているBIMソフトウェア「Revit」のオンライン講座を、CAD・BIMの学習を提供するオンラインスクール「ReCADemy(リカデミー)」にて開講したことを発表した。

ReCADemy「Revit講座」概要

 

サービス開始の背景

BIMの需要拡大

BIMとは、これまで建築CADでは当たり前だった「2Dモデル作成」の段階を踏むことなく、一度に3Dモデルを作り出すワークフローのこと。

設計・施工・維持管理など、建築フローのあらゆる工程で情報を一元管理できるという特徴がある他、制作工数の大幅短縮が見込めることから、建築・建設業界では近年、BIMの導入が進んでいる。

BIMソフトウェア「Revit」について

「Revit」はCADの代表格として世界中で高いシェアを誇っている「AutoCAD」などのソフトを手掛けたAutodesk社が販売しているBIMソフト。

Revitは主に建築に特化したBIMソフトで、モデリングの精度向上やプロジェクト全体の効率向上をサポートしている。

また、プロジェクトに関わる複数の設計者が同じモデルを共有しながら、別々に変更や修正作業を進めることが可能。

講座内容

ReCADemy(リカデミー)の「Revit講座」は、入門・基礎・モデリングを完全オンラインで学習することができる。

初心者だけでなく、すでにCADオペレーターとして活躍しており、キャリアアップ・スキルアップしたい人も満足できる内容となっている。

カリキュラム

  • Revitの概念・インターフェース・基本操作
  • 敷地の作成-テンプレート・データの取り込み・敷地の作成
  • ゾーニング検討-マスの作成・集計表
  • 基本計画
  • 外構の作成
  • 印刷

※Revit講座の想定学習時間は12時間。

ReCADemy(リカデミー)の「Revit講座」の特徴

1.初心者でも即戦力を目指せる!現場感とトレンドを掴んだカリキュラム設定

監修および講師を務めたのは、CAD/BIMの研修事業を行うブリングロウ。

大手ゼネコンで長年CADオペレーターとして、またCADの教育部門で数多くのCAD/BIMオペレーターを育成してきた経験やノウハウを活かし、研修カリキュラムの作成や研修などを行っている。

この講座でも、Revitの各ツールの実行方法や基本操作だけでなく、編集操作やモデリングなど、現場のトレンドを掴んだ、実践レベルで役立つスキルを学べる内容が盛り込まれている。

また実践課題が設けられていることや、講師に気軽に質問できることも特徴の一つ。

2.自宅にいながら学習でき、企業スカウトまで受けられる!

ReCADemyは完全オンラインで学習を進められるサービス。

パソコンはもちろん、スマホやタブレットでも閲覧可能。時間や場所を問わず、好きなタイミングで受講できる。

さらに本サービスではスカウトサービスを利用することができる。

受講者様は、人材を探している企業からのスカウトや、在宅ワークの提供・支援なども受けることができる。

人材を探したい企業様は、ReCADemyを通じてCAD/BIMを意欲的に学んでいる人材をスカウト・採用することが可能。

学習者のプロフィールや制作課題、受講進捗などを参考に、オンラインで優秀な人材を獲得することができる。

※転・就職を希望しない人は、スカウト通知を受けない設定にすることも可能。

今後もプロシーズとブリングロウは、CAD/BIM人材を育成するためのサービス向上に一層努めていく。

ReCADemy概要

「ReCADemy」は、CADのスキルを勉強するだけでなく、人材募集をしている企業から採用選考のスカウトが届く、学習と転職が一体型となったサービス。

完全オンラインのため、わざわざ教室に通う必要もなくいつでもどこでもCADの勉強ができる。

また、CADの専門講師による学習サポートや専任のキャリアカウンセラーによる転職サポートがあり、安心してCADのスキルを身につけ、就職・転職へと導く。

さらに、受講期間中、高額なCADのソフトが無料で利用できるため、じっくりとCADの勉強に取り組むことができる。