LINEと東京リーガルマインドがICT活用に関する協定を締結、公務員試験をサポートする学習コンテンツを提供開始

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下LINE)は、CSR活動の一環として取り組んできた一連の教育活動における知見やノウハウをより広域的・永続的な活動とするため、一般財団法人LINEみらい財団(所在地:東京都新宿区、代表理事:奥出直人、江口清貴、以下LINEみらい財団)を2019年12月に設立し、LINEが取り組んできた情報モラル教育やプログラミング教育の充実に向けた活動等に取り組んでいる。

今回、LINEみらい財団は、株式会社東京リーガルマインド(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:反町雄彦、以下東京リーガルマインド)と、より効果的で効率的な資格試験等のための学習環境を広く提供していくことを目的に、「学習支援におけるICTの活用に向けた教材開発及び推進を共同して行うことに関する協定」を締結したことを発表した。

あわせて、本協定に基づいて、新型コロナウイルスの影響を受け学習機会が減っている学生等の公務員試験対策をサポートするための学習コンテンツを、東京リーガルマインドのLINE公式アカウント「LEC公務員」において提供を開始する。

LINE公式アカウント「LEC公務員」はこちらのリンクまたは以下QRコードから友だち追加できる。

LINE公式アカウント「LEC公務員」で提供しているコンテンツ概要

一問一問形式の練習問題

メニューの「一問一答 実力試し!」から、人文科学に関する練習問題を200問提供している。練習問題は他の科目も順次追加される予定。

試験対策用の授業動画

メニューにある「学習動画」において数学(数的処理)や社会科学分野、SPI対策の授業動画を89本、本公式アカウント限定で公開している。

今後、法律や経済科目等に関する授業動画も追加予定。

公務員に関するガイダンス動画

メニューの「公務員とは?」を選択すると、公務員の仕事内容や公務員試験の内容等に関するガイダンス動画を視聴できます。

これらに加え、今後も東京リーガルマインドと協働のもと、「LINE LIVE」や「オープンチャット」などLINEのサービスを活用した学習支援コンテンツの展開や、LINEが保有するAI技術を用いた採点システムの開発などを検討していく。

また、LINEみらい財団は引き続き、新型コロナウイルスの影響下においても学習者の学習機会が充実するよう、教育関連企業や団体との連携を進め、発展的な取り組みを拡充していく。