ミスターフュージョンの小学生プログラミング教室「プロスタキッズ」とウィズダムアカデミー、包括的な業務提携契約を締結

株式会社ミスターフュージョン(代表取締役社長:石嶋洋平 本社:東京都港区)が運営する、小学生プログラミング教室「プロスタキッズ」は、株式会社ウィズダムアカデミー(代表取締役社長:鈴木良和)と、教育事業において包括的な業務提携契約を締結したことを発表した。

プロスタキッズは、1人でも多くの子ども達に「創るチカラ」を。という理念のもと、日本テレビが開発した、動画教材を使ったプログラミング学習シリーズをもとに小学生から中学生を対象に、子どもに大人気のマインクラフトの世界でプログラミングを学習することができる「MakeCodeプログラミングコース」、小学校の新学習指導要領の内容を取り入れ、勉強がどんどん好きになる「STEAM教育コース」を提供している。

Googleサーベイで実施した、「小学生プログラミング教室の認知度」では、第一位に選ばれた。

また、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、子どもたちに対する家庭学習支援策についてプロスタキッズとしてできることを考え、自宅にいながらオンライン上でプログラミング学習ができるサービスを提供している。

全国のプロスタキッズコーチと双方向コミュニケーションをとりながら行えるオンライン授業を展開中。

これまでプロスタキッズで行ってきた一斉授業とは、一風変わった動画学習による深い没入体験を提供している。

株式会社ウィズダムアカデミーは、子どもにとっての「第三の家」を目指し、友達と一緒に宿題やお絵描きがのびのびできる大きなダイニングテーブル・子どもが安心してくつろげる、まるでお家のような空間作りを徹底し、質の高い多種多様な習いごとを提供している。

週末になると複数の習いごとに通う、いわゆる習いごとの掛け持ちに苦労していた家庭の声に応え、そのまま校舎内のレッスンルームで習いごとをワンストップで受講できる仕組みを提供中。

また、コロナウイルス防止のため、オンライン事業にも参入している。

「こどもの”WAO!!”見つけて のばす」をキーワードに、新学習指導要領に対応した「生き抜く力」を養うコンテンツを8月以降積極的に展開予定で首都圏の働く世帯を応援すべく、首都圏での校舎展開も今後拡大していく予定。

WAOとは:Wisdom Academy Onlineの頭文字。Wonder(探求心の発掘)/Ambition(志・目標)/Originality(独創性)。

この業務提携は、プロスタキッズの動画教材および、プロスタキッズで展開する多様な事業領域における教育サービスを、ウィズダムアカデミーの多様な学習コンテンツの一部として効果的に組み合わせることで、新たな時代における顧客の要請に的確に応えた教育サービスの実現を目指すもの。

両社の強みを生かした連携により、日本の教育市場を変容し、さらには今後の子どもの成長をサポートする。

業務提携の第一弾として、プロスタキッズが展開する日本テレビ社との共同開発している小中学生向けのプログラミング動画教材を、株式会社ウィズダムアカデミーが運営する習い事の一環として提供する。

まず、今夏に小中学生向けプログラミングオンライン授業から開講。

世界的なコロナウイルスの感染症拡大を受け、プロスタキッズとウィズダムアカデミーは、第2波に備え、この状況下でもお子様がが安心して教育を受けられるオンライン授業プラットフォームの検証を共同で進めていく。

プロスタキッズとウィズダムアカデミーは、今後も様々なイベントやお互いの学びのコンテンツを双方向で展開予定。また、秋以降にはオフライン授業も展開予定である。