Z会、学習SNSアプリ「Studyplus」で高2・3を対象に3教科(英国数)の理解度チェックができる「重要単元振り返り一問一答」を開催

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:廣瀬高志)は、通信教育事業を運営する株式会社Z会(本社:静岡県三島市 代表取締役社長:藤井孝昭、以下Z会)と共同で、「勉強応援」をコンセプトとした特別企画「重要単元振り返り一問一答」を8月3日より開始することを発表した。

「重要単元振り返り一問一答」は、高校2年生~高校3年生を対象としたクイズ形式のユーザー参加型企画。

主要3教科(国語・数学・英語)について前学年の学習範囲の重要単元を効率的に振り返ることができる。

Studyplusアプリ内にて、Z会が厳選した良問48問(一問一答形式)を期間中3回に分けて出題。

参加者は問題を解くことで、各科目の苦手なポイントや弱点を把握し、実力向上につなげることができる。

新型コロナウイルス感染拡大による休校・分散登校やその後のハイペースな授業の影響で、前学年の期末に総復習の機会を逃してしまった今年の高校生ユーザーを応援する企画である。

「重要単元振り返り一問一答」開催概要

対象者

Studyplusを利用している高校2年生・高校3年生

期間

2020年8月3日(月)〜2020年8月30日(金)

企画内容

Studyplusを利用する高校2年生・高校3年生のために、Z会が厳選した主要3教科(国語・数学・英語)の重要単元の問題を各教科8問ずつ、一問一答形式で出題。

解き進める毎に問題の難易度が上がる。

高校2年生向けは高校1年生の学習範囲、高校3年生向けは高校2年生までの学習範囲内からの出題となり、問題は期間内であれば何度でも解きなおすことができる。

問題公開予定日

  • 8月 3日(月)英語 8問
  • 8月10日(月)国語 8問
  • 8月17日(月)数学 8問

※高2向け・高3向け共通

参加方法

Studyplus内の特設ページより「はじめる」をタップする

※「はじめる」をタップすると、Studyplus内公式アカウント「Z会」を自動的にフォローする。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。