横浜市、全市立学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を導入

7月20日(月)株式会社LoiLoは横浜市教育委員会とGIGAスクール構想実現に向けた連携協定を締結。

これにより、横浜市すべての市立学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の運用が開始され、「横浜市におけるGIGAスクール構想の方向性」に掲げた「学びの改革」「心と身体のケア」「学校と家庭との連絡調整」をロイロノート・スクールで実現する。

横浜市でのGIGAスクール構想の実現に向け、7月20日(月)LoiLoは横浜市教育委員会と教育活動支援に関する連携協定を締結した。

GIGAスクール構想の実現に欠かせないクラウドサービスの活用について、令和4年3月31日までの協定期間、横浜市すべての市立学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を無償で導入・運用することで合意に至った。

横浜市教育委員会 鯉渕信也教育長は「ロイロノート・スクールは既に全国5,000校以上で実績があり、横浜市内でも5校で導入している。これから1年半にわたり無償で提供いただき、教職員の研修にもご協力いただけることを大変有難く思っている」と述べた。

また、横浜市におけるGIGAスクール構想について「今年度中に1人1台端末を整備し、教育用ネットワークの高速化を図っていく。クラウドサービスを授業の中で有効に活用していきたい」と今後の展望を示した。

この協定により、横浜市すべての市立学校でロイロノート・スクールが運用されることについて、LoiLoの杉山浩二 代表取締役は「横浜市の教育情報化のために、尽力できることを喜ばしく思うと同時に大きな責任を感じる」と述べ、横浜市が全国に先駆けたモデルケースとして着実に歩みを進められるよう全力で支援することを表明。

授業動画やお知らせの配信、宿題の提出・添削など、先の休校期間中のロイロノート・スクールの活用についても言及した。

また、ロイロノート・スクールは通常時だけでなく遠隔授業が必要な場面においても双方向の学びを提供する手段として有効であり、さまざまな場面で学びの保証につながるとした。

LoiLoはロイロノート・スクールを通して、子どもたちが自ら考え仲間と学ぶ楽しさを見つけられることを願っているという。

そして、GIGAスクール構想で実現される新たな学びの中で、情報社会を生きる能力が育まれるよう横浜市教育委員会とともに努めていく。