第一学院中等部、2021年3月末まで学習コンテンツ・サービスを期間限定で無償提供

株式会社ウィザス(大阪府大阪市、代表:生駒 富男)が運営する第一学院中等部(全国37キャンパス)は、2020年7月現在、学習コンテンツ・サービスの無償提供を実施していることを発表した。

期間は受講開始日~2021年3月末まで、対象は2020年9月末までに登録手続き完了した人

新型コロナウイルスの影響による休校長期化、そして「ウィズコロナ」での学校再開。

子どもたちの学びを取り巻く環境は大きく変化し、学習機会への影響は現在でも継続している。

第一学院中等部では、このような状況下でも、子どもたちの学びの機会、一人ひとりに合った多様な学びの選択の機会確保が適切に継続されることを望み、ICTを活用したコンテンツ及びサービスを無償で提供するに至った。

第一学院中等部 学習コンテンツ・サービスの無償提供概要

期間

受講開始日~2021年3月末

対象

2020年9月末までに登録手続き完了した人

学習コンテンツ・サービス内容

(1) ICTを活用した学習サポート

学年にとらわれず学ぶことのできる、デジタル学習教材「すらら」を採用。

キャラクターによる対話型のレクチャーや、AIによる一人ひとりの状況に合った出題で、学びに遅れが出ている場合の復習はもちろん、先取りで学習を進めることも可能。

※「すらら」は経済産業省「未来の教室」実証事業に採用、全国の小中学校や学習塾でも多数導入されている。

(2) 一人ひとりに寄り添って意欲を喚起

第一学院オリジナルアプリ(デジタル自分未来史ファイル「D-FILE」)等の活用により、一人ひとりの生活面や学習面の状況を可視化(みえる化)して共有。

継続的なオンラインでのコミュニケーションを通して意欲喚起を行っている。

(3) 月1回、登校できる機会の提供

所属する第一学院のキャンパスへの登校機会も設定。

教職員や同世代の友人との多様なコミュニケーションの経験により、進学をはじめとした一人ひとりの将来に向けた可能性が広がるという。

第一学院中等部について

第一学院中等部では、教育機会確保法の趣旨を鑑み、中学生年代を対象として、ICTを活用したオンライン中心の多様な学びの機会を提供している。

理解度に合わせた学習プログラム、オンラインでのコミュニケーションなど、長期にわたり生徒一人ひとりに向き合い「1/1(いちぶんのいち)の教育」に取り組んできた第一学院グループならではの支援で、一人ひとりの可能性を大切に育んでいる。

※第一学院中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではない。利用者は中学校に在籍しながら上記サービスを活用している。

中学校での出席認定について

第一学院中等部を利用する中学生が不登校である場合、保護者からの申請による在籍中学校との連携に基づき、第一学院中等部での学習の成果が中学校での出席として認められる可能性がある。

※第一学院中等部では文部科学省の通知要件に基づく報告作成などの対応を用意している。なお、学校・地域によって異なる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。