TikTokが大阪府と事業連携協定を締結、府政情報や大阪の魅力発信を支援

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、若年層含む幅広い世代に向けた府政情報や大阪の魅力発信支援のため、7月21日に大阪府と事業連携協定を締結したことを発表した。

TikTokと大阪府の事業提携協定の概要

事業連携協定の具体的な実施事項は以下の3項目。

1. 若者世代への情報発信:TikTokを活用した若者世代への行政情報発信の支援

TikTok大阪府公式アカウントにおける情報発信を行う際に、若者世代含む幅広い世代に情報が伝わるよう、拡散しやすい動画傾向や編集方法などに関する実務サポート。

また、大阪府がTikTokでライブ配信をする際の技術サポート等。

2. コラボレーション:TikTokクリエイターと連携した大阪の魅力を分かりやすく伝える動画配信

「若者世代に向けた分かりやすい大阪の魅力発信」をコンセプトに、大阪府とのコラボレーション企画として、人気クリエイターによるオリジナル動画を大阪府公式アカウントにて配信(OSAKA愛鑑コンテンツや教育コンテンツなどの活用を想定)。

3. ものづくり企業の魅力発信:ポストコロナにおける大阪経済活性化のためのものづくり企業の魅力発信

ポストコロナにおける大阪経済の活性化のため、府内ものづくり企業を紹介する動画を発信することにより、大阪の産業や中小企業のブランドイメージ向上につなげる。

TikTokは、今後も業界・団体の垣根を越えて協力・連携し、幅広い世代の人々にTikTokを利⽤してもらえるよう取り組んでいく。

TikTokについて

TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォーム。

ミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすこと。

TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがある。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。