ITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム「paiza」登録者計35万人を突破、直近1年半で新たに15万人が登録

自分の“スキルを可視化”して新しい「仕事」や「学び」に挑戦できる、国内最大級のITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」(paiza株式会社 東京都港区、代表取締役社長 片山良平)の登録者数が、2020年7月に35万人を突破したことを発表した。

2013年のサービス開始以来、ITエンジニアやITエンジニアを目指す人々の支持を得て2019年1月に登録者数が20万人に到達。

その後も月8,000人を超えるペースで登録者数を伸ばし、今年7月に35万人を突破した。

paiza登録者数の推移

paizaの最大の特徴は、登録者がいつでも受験可能な「スキルチェック」の存在である。

アルゴリズムの理解度やコーディング能力などをプログラミング問題を使って判定。ITエンジニアやITエンジニア志望者のスキルを6段階(S,A,B,C,D,Eの「paizaランク」)で可視化する。

そのランクを利用して、求職者と企業をミスマッチなくつなげる「paiza転職」「paiza新卒」、第2新卒向け「EN:TRY」を提供している。

さらに、学習サービスとして、ITエンジニアや志望者が自身のレベルを把握した上で、楽しみながらスキルアップを目指せる動画プログラミング学習サービス「paizaラーニング」を提供。

同サービスは企業向けの「paizaラーニング for TEAM」、学校向けの「paizaラーニング 学校フリーパス」も展開している。

これまでITエンジニアの採用は、スキルが不明確なまま行われることが多く求職者と企業の間でミスマッチが起きていた。

paizaはそうした課題解決を図るサービスとして、求職者・企業双方から支持されているという。

プログラミングスキルを可視化して、求職者と企業のマッチングを行う仕組みは特許を取得している(※特許番号第5649148号、特許名 :「プログラミングスキル評価装置、プログラミングスキルの評価方法、求人情報選択装置及び求人情報の選択方法」)。

数字で見るpaiza

paizaが展開する各求職・学習サービスは、ITエンジニアを目指す初学者から経験豊富なハイスペック人材まで幅広く利用されている。

ユーザーの内訳を見ると、近年、特に「paizaランク」B以上(中・上位レベル)が増えており、ITエンジニアとしてスキルの高い登録者が増えている。

世代別では、20代前半のユーザーが半数を占めるなか、30代以上も4割を超えており、現役エンジニアの登録が増加傾向。

世代が上がるほど経験者の割合は上がり、30代になると、PMまたはシステム設計経験を持つ人が4分の3を占めている。

paizaの各求職サービスの利用企業数は、現在2,164社に達している。

paizaの掲げるミッションは、「異能をのばせ。」である。

paizaは今後も、IT人材のスキルや経験を可視化し、新しい「仕事」や「学び」に挑戦できる成長プラットフォームとして進化し続けていく。

paizaについて

paizaはITエンジニア向け総合求職・学習サービス。

目指しているのは、自ら挑戦する人材の成長プラットフォーム。

個のキャリア形成が重要な今、実力があればさまざまな可能性の広がる求職サービスとして、多くのエンジニアから支持されている。

2020年7月現在、paizaの登録者数は35万人(※)に達している。

「paiza転職」は、ITエンジニアの“スキルを可視化“し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービス。

そのほか、学生向け就職サービス「paiza新卒」、未経験、若手エンジニア向け転職サービス「EN:TRY」、および転職・就職直結型のプログラミング学習サービス「paizaラーニング」を展開。

現役エンジニアの転職はもちろん、「paizaラーニング」で学んだ後に「スキルを可視化」して転職、就職する例も多数生まれているという。

(※)独立行政法人情報処理推進機構IT人材白書2012からの推計では、国内ITエンジニア数は約40万人。