Braveとみんなのコードが提携、Brave Rewardsを利用した新しいNPO支援の仕組みを構築

Brave Softwareと特定非営利活動法人「みんなのコード」はパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

Brave Softwareは、プライバシー保護機能とブロックチェーンを活用したデジタル広告プラットフォーム機能をもつ革新的なウェブブラウザBraveを開発している。

みんなのコードは、日本の特定非営利活動法人で「全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」をミッションに、学校向けプログラミング教材や、先生向けのプログラミング教育の実践事例集の提供、各種イベントの開催など、公教育向けのプログラミング教育の普及に関する幅広い取り組みをおこなっている。

この提携では、Braveはみんなのコードに対して、「紹介プログラム」と「カスタムホームページ機能」を提供する。

みんなのコードに共感する支援者は、同団体の特設ページからBraveをインストールし利用するだけで簡単に活動を支援でき、またBrave Rewardsを通じて無償で獲得できるBATポイントを同団体のウェブページやSNSに送ることで応援することが可能になった。

Brendan Eich氏のコメント

Braveはユーザーの関心に適切な報酬が支払われ、お気に入りのクリエイターや組織を支援できるような世界を作ることに尽力しています。クリエイターがインターネット上で素晴らしいコンテンツを提供し続けられるよう、ユーザーとの関係を再構築しようとしています。

今回 みんなのコードがBrave Rewardsを通じて、サポーターから直接支援を受けられるようになることを大変嬉しく思います。

みんなのコード 代表理事 利根川 裕太氏のコメント

このたび、JavaScriptの開発者であるブレンダン・アイク氏が創設したことで広く知られるBrave社とパートナーシップを締結したことを、非常に光栄に存じます。同社のウェブブラウザ「Brave」を利用するだけで、クリエイターに貢献ができるというビジネスモデルは画期的であり、同社のインターネットをより安全で速く心地よいものにしようというビジョンにも共感しております。

ぜひ多くの人たちにこのブラウザの活用を通じてより良い教育の機会を日本全国の子どもたちに提供していきたいと考えております。今後も、Brave社のビジョナリーで画期的な製品群ならびにその活動に大きく期待しております。

Braveは今後も、ユーザのアテンション基づいて報酬が支払われ、クリエイターや団体を支援できる世界の実現を進めていく。