神戸市・NTT西日本・PACkageの3者「withコロナ時代におけるeスポーツによる地域課題解決に向けた連携協定」を締結、eスポーツプロジェクトを開始

神戸市(市長:久元 喜造)、西日本電信電話株式会社兵庫支店(支店長:川副 和宏、以下、NTT西日本)、株式会社PACkage(代表取締役社長:山口 勇、以下、PACkage)の3者は「withコロナ時代におけるeスポーツによる地域課題解決に向けた連携協定」を7月17日に締結したことを発表した。

これに伴い、eスポーツが新たなコミュニケーションやビジネスの手法としてなり得るのか、その可能性を探り、地域課題解決・産業振興につなげる全国初のeスポーツプロジェクトをスタートする。

具体的には、令和4年3月までの間、コロナ禍の日本において、eスポーツが社会的・経済的合理性を持ち得るのか、その最適解を探る取組みを進めていく。

eスポーツプロジェクト概要

具体的な取り組み内容

(1)eスポーツへの理解促進、今後の可能性を考えるWEBセミナーを開催

eスポーツについての正しい知識を学び、老若男女が安全安心に参加することができることで、withコロナ時代における家族間・コミュニティ間でのコミュニケーションツール、ひいては地域課題解決につながり得る可能性について考える。

また、産業・エンターテイメント構造の変化に対し、eスポーツをどのように位置づけ、関連スタートアップ企業との連携や誘致・支援につなげていくべきなのか、幅広い分野・視点から議論するWEBセミナーを開催(令和2年秋に初回開催、全3回程度を予定)。

(2)高齢者や子ども等向けのeスポーツを活用した実証事業の実施とその効果検証

(実証事業イメージ)

離れて暮らす家族との面会機会の減少や、地域・コミュニティのイベントや集まり等などの中止により、高齢者の健康低下や、地域の連携・つながりが希薄になっていくことが懸念されている。

そこで、NTT西日本のICTとPACkageが有するeスポーツのノウハウを活用し、高齢者同士あるいはその家族(孫など)がeスポーツを一緒に体験することで、新たなコミュニケーション・エンターテイメントとして成立するのか、さらにはITリテラシーの向上と健康増進に寄与し、デジタルデバイドの解消やフレイル予防につながるものとしての可能性があるのかを検証する実証事業を行う。

(3)市内eスポーツコミュニティの醸成及び関連イベントとの連携

PACkageが有するeスポーツ関連のネットワークやノウハウを活かしながら、市内のeスポーツ関連企業・プレイヤー・学校関係者等をつなぎ、円滑な情報共有やイベント開催を促すことで、eスポーツの機運を高め、本プロジェクトへの賛同者・協力者を増やしていく。

また、PACkageが企画するイベントをはじめとするeスポーツ関連イベントとの連携を図り、相互に取組みをPRしていく。

第1弾としてPACkageが参加する実行委員会にて開催の「レインボーシックスシージ大学対抗戦 powered by AORUS」に神戸市が後援するとともに、大会中には当連携事業のPRを行うことで若年層への取組みの周知を図る。

(4)eスポーツの魅力や可能性を伝える動画による発信

上記WEBセミナーや実証事業等、本プロジェクトによる取組みの様子や、市内で活躍するeスポーツ関わる学生や市民などへのインタビューをまとめた動画を通じて、eスポーツの魅力や可能性を発信する。

今後の期待と展望

上記取組みを通じて、eスポーツをコミュニケーションやエンターテインメントのひとつとしての理解を得ることで、市民のITリテラシーを高め、将来的にはeスポーツと地域課題を結びつけられる街にするための土壌を形成する。

あわせて、関連企業やクリエイター等との連携をすることで、ゲーム・クリエイティブ産業の振興・スタートアップ支援にもつなげていきたいと考えている。

一方で、その取組みの中で様々な課題が生じることも想定されるため、スモールスタートで実証事業等を進めていきながら、課題やニーズを捉え、eスポーツが社会的・経済的合理性を持ち得るのか、その最適解を探るプロジェクトとしていく。

eスポーツとは

「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、コンピューターゲーム上で老若男女問わず参加できる競技。

パソコン、家庭用ゲーム機、スマートフォン等々のデジタル技術を用いて実施する。

サッカーやカーレースといったスポーツ分野の対戦型ゲームは、アジアオリンピック評議会が主催する国際総合競技大会において、頭脳スポーツの正式種目になっている。

日本国内においては、平成30年2月に日本eスポーツ連合が発足し、経済産業省とともにeスポーツの普及・発展に向けた市場分析や未来設計を行うとともに、賞金提供のあり方検討や選手の育成、プロライセンスの発行を行っている。

平成30年からは、40チーム以上のプロチームが誕生し、大会やイベントが活発化。高等学校においては部活動、専門学校・大学においては学科として、教育分野へも拡がりを見せている。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。