神田外語大学、全国の高校3年生・受験生を対象に英検IBAテストを受験料500円で実施

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)は7月から8月までに計5日間、神田外語学院の受験希望者および、全国の高校3年生・受験生を対象に公益財団法人 日本英語検定協会が提供する英検IBA(R)テストを主催することを発表した。

これは英検(R)などの外部資格試験、予備校主催の模擬試験、高校主催の校内模擬試験等の中止により、自身の英語力を測ることができず、不安を抱えている高校3年生に対して学力測定の機会を提供したいという思いから実施するもの。

会場は神田外語グループ(東京都千代田区/理事長:佐野元泰)が運営する神田外語大学と神田外語学院(東京都千代田区/学院長:糟谷幸徳)の2会場を利用し、受験生の安心・安全を第一に、新型コロナウイルス感染症予防策を十分に施した上で実施する。

神田外語大学主催 英検IBA(R)テストの概要

神田外語大学では、多くの入試区分で英検(R)などの外部資格検定試験を出願基準としている。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、検定試験等が延期や中止となっている現状に鑑みて、英語の外部資格・検定試験の基準に対する特別措置を講じることとなった。

しかしながら、神田外語学院を含む各大学が出願要件に対する特別措置を講ずるとしても、受験生自身の英語力を確認する機会が失われていることに変わりない。

そこで、神田外語学院は受験希望者および、全国の高校3年生・受験生を対象に神田外語大学と神田外語学院の2つの会場を利用して公益財団法人 日本英語検定協会が提供する英検IBA(R)テストを主催することとなった。

英検IBA(R)テストは英検(R)のプレテストとして位置づけられる団体受験専用の試験。

英検(R)のように資格取得はできないが、手軽かつ低価格であること、そして英検(R)と共通のスコア尺度で成績が比較できることから、中学・高校のクラス単位や、30人以上の塾単位で活用されている。

今回神田外語学院が主催する英検IBA(R)テストは「テストB(2技能RL)」で、2級~3級の範囲の英検(R)レベルを測定。

また、個人成績表には英検(R)のレベル級の表示のほか、センター試験とTEAPの得点に換算した参考スコアが表示され、受検者自身の英語力を客観的に測定することが可能。

実施日時

午前の部10:00~11:00(受付9:30~)/午後の部13:30~14:30(受付13:00~)

  • 7月19日(日)
  • 7月26日(日)
  • 8月 2日(日)
  • 8月23日(日)
  • 8月30日(日)

※8月23日は神田外語大学のみで実施。

試験時間

45分(Reading 25分、Listening 20分)

※個人成績表は神田外語大学より発送される。

実施会場

  • 神田外語大学 (千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1)
  • 神田外語学院 (東京都千代田区内神田2-13-13)

受験料

500円(税込)