オンラインプログラミング教室「ITeens Lab」に通う中学1年生の安東鷹亮くん、2020年度未踏ジュニアに採択

子ども向けオンラインプログラミング教室 ITeens Lab (アイティーンズラボ) に通う中学1年生の安東鷹亮(あんどう・ようすけ)くんが2020年度未踏ジュニアに採択されたことを発表した。

プロジェクト名は「最強自作ノートPC」。

安東くんは小学4年生からITeens Labに通っている。

「最強自作ノートPC」プロジェクトはカスタマイズ性が高くハイスペックなノートPCを筐体から自作。さらにトラックパッドも自作して搭載する。

製作途中の様子

製作途中の様子

パーツもモデリングで自作

パーツもモデリングで自作

トラックパッドも自作

トラックパッドも自作

安東鷹亮くんのコメント

まさか採択されるとは思っていなかったので、驚きました。

自作のノートPCをもともと作りたかったんですが、費用がたくさんかかります。そこで、未踏ジュニアに応募して採択されたら、その予算でノートPCを作ろうと考えました。

ITeens Lab とは

子どもプログラミング教室ITeens Labは2014年に福岡でスタートした小・中学生向けのプログラミング教室。

2020年6月までは福岡で14教室を運営していたが、6月よりオンラインに軸足を移し授業やイベントを実施している。

未踏ジュニアについて

独創的なアイデア、卓越した技術を持つ17歳以下の小中高生及び高専生を支援するプログラム。

未踏事業という、経産省所管の独立行政法人情報処理推進機構が主催し実施している、優秀な25歳以下の若者を支援するプログラムがある。

そして、そのOB・OGがボランティアで運営しているのが、未踏ジュニアである。