コニカミノルタとランゲージワン、『オンライン多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービス』を提供開始

多言語コールセンターを運営し、オンライン通訳・遠隔通訳サービスを展開しているランゲージワン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井 純一、以下 ランゲージワン)は、コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)が2020年7月16日に販売を開始したオンライン多言語翻訳システム KOTOBAL (コトバル)及び医療機関向けコミュニケーション支援タブレット MELON (メロン)を採用した『オンライン多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービス』で、官公庁・自治体・企業・教育機関・医療機関などの高い専門性が求められる分野の外国人対応をサポートすることを発表した。

サービスの概要

官公庁・自治体・企業・教育機関や医療機関などの外国人対応窓口に KOTOBAL(コトバル)または MELON(メロン)対応の『オンライン多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービス』タブレット端末環境を提供する。

外国人相談者との簡単な会話は、音声入出力機能を持つ12ヶ国語対応のAI機械翻訳サービスで対応。

機械翻訳では対応が困難な込み入った問い合わせの際は、ランゲージワンの多言語コンタクトセンターに接続し「外国人相談者」と「窓口担当者」、「ランゲージワン多言語通訳スタッフ」の三者間映像通訳サービスを12ヶ国語対応で提供する。

ランゲージワンの多言語通訳スタッフは、行政・法律・金融・不動産・教育・医療などの専門性を求められる分野で高い通訳スキルを保有しており、センターの充実したセキュリティと併せて「確実・安心」の通訳サービスを提供する。

対応言語

12ヶ国語

英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ロシア語・タガログ語・ベトナム語・ヒンディー語・ネパール語・インドネシア語

※言語によって対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がある、上記以外の言語については相談可能。

官公庁・自治体・企業・教育機関などでのサービス提供イメージ

病院・保健所など医療機関でのサービス提供イメージ

サービス開発の背景

日本国内の在留外国人(特別永住者・中長期在留者)は年々増加傾向にあり、2019年末時点で前年度比7.4%増の293万3,137人となり過去最高となった。

これに伴い官公庁・自治体・企業・教育機関・医療機関などの外国人対応窓口は、インバウンド向けの観光や交通、宿泊案内などとは異なる、高い専門性が求められる行政や法律、金融、不動産、教育、医療などの分野で多言語対応が求められている。

ランゲージワンは12ヶ国語対応の多言語コンタクトセンターによる三者間電話通訳サービスを提供することで、官公庁・自治体・企業・教育機関・医療機関と外国人との円滑なコミュニケーションの支援に取り組んできた。

2017年にコニカミノルタと提携し、音声入出力機能を持つAI機械翻訳サービスとランゲージワンの多言語通訳オペレーターを介した三者間映像通訳サービスをハイブリッドで搭載した、医療機関向けコミュニケーション支援タブレット MELON(メロン)を数多くの医療機関に提供している。

2019年10月からは、行政特有の専門的な会話にも対応できる改良翻訳パッケージを搭載した KOTOBAL(コトバル)先行導入版を使用する『オンライン多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービス』の提供を開始し、中野区や目黒区をはじめとした多数の自治体から高く評価されているという。

ランゲージワンはコニカミノルタの KOTOBAL(コトバル)販売開始に併せ、 官公庁・自治体・企業・教育機関・医療機関 などへの 『オンライン多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービス』 の普及により一層の尽力していく。

引き続きランゲージワンは多言語コールセンターの運営と、『オンライン多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービス』の提供を通じて、官公庁・自治体・企業・教育機関・医療機関の担当者と、在日・訪日外国人との外国語によるコミュニケーション向上をサポートしていく。