クラーク記念国際高校、次世代型教育のあり方を考える無料オンラインフォーラムを8月8日に開催

クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦雄一郎)は、2021年度(2021年4月)より東京都板橋区にて新たなキャンパス「CLARK NEXT Tokyo」を開校する。

その開校を記念して、2020年8月8日(土)に「eスポーツは教育か?」をテーマに、次世代型教育のあり方を考えるオンラインフォーラムを開催することを発表した。

第1回 CLARK NEXT Tokyo オンラインフォーラム開催概要

日時

2020年8月8日(土) 17:30〜19:00 (受付開始17:00〜)

会場

オンライン(ZOOMウェビナー)

テーマ

「eスポーツは教育か?次世代型教育のあり方を考える」

参加費

無料 (事前申し込みが必要)

講演内容

  • 「北米におけるeスポーツ教育の現状」内藤 裕志 氏 (北米教育eスポーツ連盟「NASEF」 eスポーツ戦略室チーフ)
  • 「大学生がeスポーツをやる理由」慶應義塾大学所属「eスポーツサークルTitanZz」
  • 「高校生がeスポーツを通じて成長する理由」笹原圭一郎 教諭 (クラーク記念国際高等学校 eスポーツコース責任者)
  • 「eスポーツエンタテイメント企業が教育に参入する理由」古澤 明仁 氏 (株式会社RIZeST代表取締役)

開催背景

教育は今、大きな転換期を迎えている。

新型コロナウイルスは想定を超えて感染が広がり、その影響は国際情勢やビジネスだけに留まらず、教育の分野も含め隅々に及んでいる。

新型コロナ禍が及ぼす変化に我々はどのように対応すべきか。日本の教育は変わるのか。

こうした点について考えるヒントを提供することを目的に、有識者がオンラインで講演する「CLARK NEXT Tokyo オンラインフォーラム」をシリーズで開催する。

第1回となるフォーラムは、教育分野の最新動向を学ぶとともに、eスポーツへの正しい理解を通して教育へと昇華していく取り組みを有識者より講演。

はたしてeスポーツは教育となりうるのか、これからのeスポーツと教育の関係はどうあるべきなのか。

日本におけるeスポーツと教育の在り方について個々が考えるヒントになるフォーラムである。