オンライン資格講座「スタディング」や法人向けの社員クラウドサービス「エアコース」提供のKIYOラーニング、東証マザーズへ新規上場

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)が運営するかんしん未来投資事業有限責任組合(以下、「かんしん未来ファンド」)及びウィルグループファンド投資事業有限責任組合(以下、「ウィルグループインキュベートファンド」)の出資先である、KIYOラーニング株式会社(以下、「KIYOラーニング」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:綾部貴淑)が2020年7月15日に東証マザーズ市場に新規上場したことを発表した。

KIYOラーニングについて

KIYOラーニングは、個人や企業での学習を効率化するラーニング・テクノロジーを駆使したクラウドサービスを展開している。

主に個人向けのオンライン資格講座である「スタディング」事業、法人向けの社員クラウドサービスである「エアコース」事業を提供。

KIYOラーニングは、今後は従来のeラーニングの枠に捉われず、AIを活用した個人向けの資格支援を目的としたサービスの拡充や学習関連サービスの開発、企業向けの人材育成やHR分野のサービスを拡充していくことにより、キャリア開発に関連した教育の事業分野をリードし、事業拡大を進めていく方針。