プログラミングが学べるダンボールロボット”embot”を活用した「embot アイデアコンテスト2020」を開催、8月1日から応募開始

株式会社タカラトミーは、embotアイデアコンテスト2020実行委員会と共同で、全国の小学生を対象にダンボールで作るプログラミング教育ロボット「embot(エムボット)」を活用したアイデアを募集する、唯一の公式プログラミングコンテスト「embot アイデアコンテスト2020」を開催することを発表した。

このコンテストは今年で二回目の開催となり、タカラトミーは本年度より参画する。

初開催の2019年度は全国各地の応募作品の中から16作品が選出され、最終選考会を経て受賞作品が表彰された。

本年度は、特設サイトにて、2020年8月1日(土)から9月30日(水)まで、作品を募集する。

タカラトミーではこれまで全国の家庭やワークショップ/イベント等で、数多くの小学生にembotを利用・体験する機会を提供してきた。

子どもたちの豊かな想像力とembotの創造力の融合により、様々な工作やプログラミングから素晴らしい作品が生まれる瞬間を目の当たりにしてきたという。

2020年、プログラミング教育が必修化される新時代の小学生たちに、アイデアを形にし、プログラミングスキルを活用した「デジタルなモノづくり」に挑戦するための目標や成果発表の場を提供することで、次の学びのステップへつなげてもらいたいと考え、コンテストの開催を決定。

本年度もまた新たなアイデアと挑戦溢れるコンテストになることを期待している。

「embot アイデアコンテスト2020」概要

募集内容

タカラトミーから発売している「embot(エムボット)」に同梱されているコア、パーツ(サーボ2個、LEDライト赤1・緑1、スピーカー)を使って自由に制作した作品を募集。

※embot公式のクマ型に限らず、好きな造形を制作可能。他コンテストへの重複応募可能。

応募資格

小学1〜6年生(グループ応募なし)

エントリー費用

無料(応募時および選考段階でかかる費用はすべて自己負担)

応募形式

作品と作品を動かすプログラムを制作。

作品や制作した意図や想い、工夫したポイントなどを説明するプレゼンテーション動画(5分以内)を撮影。

プレゼンテーション動画の撮影が完了した後、embotアプリからプログラムと動画ファイルを送信することで応募が完了する。

審査員

コンテスト実行委員会や、embot開発チーム、各界で活躍する有識者を予定(※詳細は特設サイトにて順次公開予定)

各賞について

  • 最優秀賞・・・1名 副賞:「世界に一つだけの金ピカembot」
  • タカラトミー賞・・・1名 副賞:タカラトミー玩具1万5000円分(希望の商品を選べる)
  • インフォディオ賞・・・1名 副賞:iPad Pro最新モデル
  • 審査員特別賞・・・1名

プログラミング教育サービス「embot」の概要

「embot」は、ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで電子工作やものづくりの基礎を学ぶとともに、そのロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアル・プログラミングを通じて子供でも簡単に操作することができるプログラミング教育サービス。

文部科学省は2020年に小学校のプログラミング教育を必修化することを発表した。

また一方では、将来的な日本のIT人材の不足が懸念されている中、様々な教材が提供され始めているが、実際にITの最前線で活躍出来る人材育成につながる実践的なプログラマー視点で開発された教材はまだ少なく、また高価なものも多いため、広く普及するには至っていないのが現状。

embotは、プログラミングを自由に扱える人材をもっと増やしていくことで、個人が便利な生活を自ら作り出していくことができる世界を実現することを目指し、様々な教育現場にICT環境を整備していくとともに、実践的でありながら誰でも手軽に楽しく学べるスターターキットを目指し、ドコモの新規事業創出プログラムである「39works」にて、ドコモのプログラマーチームを中心に「embot」の事業開発を実施。

タカラトミーは「e-Craftシリーズ embot」の商品の製造、玩具流通での販売を行い、株式会社インフォディオ(代表取締CEO:勝本伸弘/所在地:東京都文京区/以下、インフォディオ)が、ビジュアルプログラミングを提供するembot公式アプリの開発・提供・運営を担当している。

なお、このコンテストはタカラトミー、インフォディオ、一般社団法人GPリーグ(代表理事:武藤 裕介/所在地:千葉県流山市/以下、GPリーグ)の3社による実行委員会によって主催され、プログラミング教育のさらなる普及促進と発展を目指すもの。