学習プラットフォーム「Monoxer」リリースから約2年間で導入教室数2,500教室、学習回数1億回を突破

モノグサ株式会社(東京都千代田区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑)は、提供する学習プラットフォーム「Monoxer」の導入教室数が2,500教室、累計の学習回数が1億回を突破したことを発表した。

これまでの歩みを数字で振り返るインフォグラフィック「データで見る Monoxerの2年間」を公開した。

教育領域のデジタルシフトを推進し、一人ひとりの記憶定着を支援する、学習プラットフォームMonoxer(モノグサ)の約2年間の歩みがひと目でわかるインフォグラフィックになっている。

モノグサは、先生と学習者および教育に携わる人すべてのパートナーとして、引き続きサービスの開発・提供を進めていく。

「データで見る Monoxerの2年間」概要

導入法人・エリア

個人経営の塾から、上場している大手塾、学校(公立・私立)、語学教室まで幅広い法人に導入されている。

また、全国47都道府県すべてで導入されており、最近ではフィリピンやミャンマーといった、海外での導入事例や、事業会社における従業員教育での活用事例も増えてきている。

導入教室・ユーザーの属性および活用状況について

現在、Monoxerを導入する法人の約8割は学習塾となっている。

最近では、コロナウイルスによる休校やGIGAスクール構想の前倒しを受け、学校での導入事例も増えている。

ユーザーは小学生、中学生、高校生・高卒生、社会人までと幅広く、約2年間で累計学習回数は1億回を突破。

また、Monoxer上で先生が作成したオリジナルのBook(問題集)の数は、45,000以上となっており、学習されている内容も、英語や理科・社会を中心に、幅広い科目や分野で使用されている。

機能ヒストリーとユーザーの声

Monoxerは2018年3月にペアエントリ(フラッシュカードに近い形式)の学習形式でサービスリリース。

その後、クライアント・ユーザー双方の声を聞き、スピーディーに新しい機能・学習形式をリリースしてきた。

実際にMonoxerを利用している学習者・保護者からは、スキマ時間に学習できることや、ゲーム感覚で学習できること、成績アップにつながっていること等が評価されているという。

また、先生や管理者は、生徒の習熟度がリアルタイムで可視化できることや、煩雑な紙の確認テストや宿題の運用をMonoxerに置き換えられたなど、デジタルでしかできない指導体験に高い価値を感じている人が多いようだ。

Monoxerの活用事例共有会の案内

Monoxerを導入・活用する塾を招き、実際の活用方法や運用方法を共有する会をオンラインにて実施予定。

日時

7/26(日)11:00-12:00


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。