IT活用の学びのプラットフォーム「スクーミー」災害時に必要な情報とITを届ける「災害対策ページ」機能を追加

鹿児島県、熊本県、大分県をはじめとした複数の県にて、豪雨による甚大な被害がもたらされた。

2020年7月8日現在、岐阜県と長野県にも大雨特別警報が出ており、今後さらなる災害の危険性が示唆されている。

IT活用の学びのプラットフォーム「スクーミー」を運営する株式会社ライカーズアカデミア(本社:山梨県、代表取締役社長:塩島諒輔)は、災害時に、情報とITを必要としている人にいち早く届けるための「災害対策ページ」機能をスクーミーのプラットフォームに追加し、登録者の募集を開始することを発表した。

「災害対策ページ」機能の概要

緊急避難所の情報や、通行禁止エリアの情報、公共施設の情報など災害時における必要な情報を公開し活用できるアプリケーションを、いち早くリリースできる体制を整えるためにアップデート。

現在は、九州地方の大雨に関する、電力や通れる道、電車、航空、避難所などの情報を集約したアプリケーションを、情報を収集するチーム・アプリケーションを作るチーム・広報するチームと分け、オンラインで開発している。

またより簡単な仕組みでアプリが構築できるようにしているので、誰でも参加できる仕組みをスクーミーが整えている。(目安:エクセルへ情報入力できる程度)

機能の紹介

1)こんなアプリケーションを作ってほしいという開発依頼を受け付け、情報を集めることのできる環境を用意

アプリケーションは、データを元に作成するので、表データやWebページが必要。

またその必要なデータも登録者同士で探し、データベースに追加していく作業を行う。

2)どのデバイスにも対応したアプリケーションの最短10分でリリースすることができる環境を用意

アプリケーションはインストールする必要がないため、すぐ活用することができる。

またURLや、QRコードから読み込むことでアプリケーションを利用することができるので、多くに人に広げやすいものになっている。

このサービスの仕組みを使うことで、より速くリリースすることができる。

登録者の募集について

現在も尚、東海エリアにおける大雨や、早朝にあった地震、まだまだ続くコロナウイルスなど、こういった災害に対して、どんな問題を解決するか、そして、解決するのにITは有効なのか?ということを考え、自分にできる行動をし、突破していく力が求められている。

スクーミーでは、そうした状況に備え、普段から情報を扱う力、ITを活用する力をスクーミーで学び、緊急時にはその力を開放し、ITを活用した地域に囚われない新しい災害ボランティアの形を目指していく。

登録や依頼は全て無料で行える。