AI先生「atama+」能力開発センターや駿台予備学校などで、家庭学習も含めた学校外学習全体を支援するサービスを開始

コロナ禍の新常態(ニューノーマル)に対応するため、atama plus株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:稲田 大輔)は、塾・予備校向けに、対面ないしオンラインで行う授業に加え、家庭や自習室などの学習時間にもAI先生「atama+」で学習できるサービスの提供を開始することを発表した。

すでに、能力開発センターや駿台予備学校、城南予備校DUO、Z会グループの大学受験ディアロなどが、atama+を活用したコースを拡張し、生徒の学校外学習全体を支援している。

概要

atama plusは、生徒一人ひとりに学びを最適化するatama+と、生徒の学習姿勢、進捗などをリアルタイムに確認できる講師向けアプリ「atama+ COACH」を提供しており、7月9日時点で、全国の塾・予備校1900教室以上に導入されている。

2020年2月末より、atama+を自宅のパソコンやスマートフォンのブラウザ経由でも利用できるよう対応し、塾・予備校が対面授業を自粛する間もオンライン授業の実施により生徒の学びを継続できるようサポートしてきた。

コロナ禍において、塾・予備校に通う生徒・保護者の間では、人との接触をさけるため、オンライン授業や家庭学習などの手段を検討する人が増えつつあり、教育への価値観が変化している。

この変化をうけて、これまで対面もしくはオンラインで実施してきた塾の授業時間内に加え、家庭や自習室での学習時間でもatama+を活用生徒の学校外学習を全面的に支援するサービスの提供を開始する。

生徒は、時間や場所の制約なく学習することが可能となる。

さらに、いつどこで学習してもatama+での学習データは連動しているため、常に学ぶ教材や順番が一人ひとりに最適化された状態で学習できる。

また、授業時間外の家庭や自習室での学習においても、生徒の学習姿勢、進捗などの学習データは、講師向けアプリatama+ COACHに蓄積される。

講師は、atama+ COACHで生徒の授業時間外も含めた学習データを確認しながら、コーチングを行う。

「解説を読んでいない」などの学習姿勢についてのデータをもとに、学習の仕方をアドバイスしたり、習得にかかった時間や目標までの予測学習時間を見ながら授業時間外の学習計画を立てたりすることで、生徒の学校外学習全体をサポートすることが可能となる。

すでに、能力開発センター、駿台予備学校、城南予備校DUO、Z会グループの大学受験ディアロなどatama+導入塾・予備校の多くがこのサービスを活用し、学校外学習全体を支援するコースを開始しているという。

能力開発センターの事例

株式会社ティエラコムが運営する能力開発センターでは従来の「通塾コース」に加え、自宅で受講を完結できる「オンラインコース」を立ち上げた。

このコースを受講する生徒は、コーチングを伴う塾の授業形式を、本人の希望に応じて、通塾もしくはオンラインから選べる。

あわせて、生徒は、塾や家庭の隔てなく、いつでも必要なだけ、atama+を使って学習に取り組むことができるようになった。

また、塾の授業時間でも、家庭や自習室での学習時間でも、atama+ COACH上で、講師は生徒の学習姿勢や、進捗を確認する。

例えば、「同じ単元を繰り返している」「教材を読み飛ばす」といった状態が続く場合には、自宅受講であっても、リアルタイムに電話やオンライン面談で、学習の様子を聞きながら、ノートを取るなどの学習の仕方についてのアドバイスを実施する。

塾の授業時間に限らず、atama+を使う生徒の学校外学習全体を支援することで、従来よりも効果的に、生徒の学習習慣の定着や成績向上に貢献できる。

株式会社ティエラコム AI運営本部長 大原千明氏コメント

弊社は、『困難にたじろがないひとりで勉強できる子に』という教育理念のもと、勉強は本来自分自身でするものという考えで『自立学習』を支援してきました。

確かな学力を養成するためには、学校や塾だけではなく自宅での学習時間や学習手法がカギを握ります。その中で、自宅で学習に向き合う生徒にとって、一人ひとりに学習を最適化するatama+はとても適しています。また、講師が遠隔で生徒の学習進捗、理解度をリアルタイムで把握してコーチングできるatama+ COACHとの組み合わせにより、通塾でも自宅でも遜色のないサービス提供ができると確信しました。

今後は通塾困難な遠方の生徒や、コロナ禍における外出自粛といった事態に対応するサービスとして、オンラインコースで新たなマーケットを創出します。

生徒・保護者の声

  • 保護者Aさん「自宅受講でも先生がリモートで子どものつまずきや学習時間を把握して指導してくれる」
  • 保護者Bさん「AIが自宅学習で途切れがちな集中をサポートしてくれる」
  • 生徒Cさん「自宅での学習時間が2~3時間増えた」
  • 生徒Dさん「1日の計画や目標を決めて勉強するようになった」

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。