東京メトロとゲシピが業務提携の準備に関する覚書を締結、eスポーツの裾野を広げ東京の魅力を向上させる事業の検討に着手

eスポーツトレーニングジムやeスポーツクラブ活動ツール「eブカツ」などの「eスポーツトレーニングプラットフォーム」を展開しているゲシピ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:真鍋 拓也、以下「ゲシピ」)は、東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)と業務提携の準備に関する覚書(MOU)を締結し、eスポーツの裾野を広げ東京の魅力を向上させる事業の検討に着手したことを発表した。

ゲシピは2020年3月に、オープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR(東京メトロアクセラレーター)2019」にて、応募総数130件の中から審査および最終プレゼンを経て、最終審査通過企業2社に選抜された。

ゲシピの保有するeスポーツトレーニングジムやeスポーツ英会話などのアセットを有効活用し、国際都市東京から新たなeスポーツカルチャーを発信すべく、東京メトロ沿線でのeスポーツジムの運営や裾野拡大に向けたイベントの実施について、両社の協業を進めていくという。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。