さいたま市、GIGAスクール構想実現に向けビズリーチで副業・兼業限定の「教育デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するプロ人材」を公募

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田洋祐 以下、ビズリーチ)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、文部科学省が掲げる「GIGAスクール構想」*1の早期実現に向けた施策の第1弾としてさいたま市教育委員会で教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するプロフェッショナル人材を、副業・兼業限定で2020年7月8日から8月4日まで公募することを発表した。

さいたま市教育委員会は、教育DX人材を副業・兼業限定で招き入れることにより、ICT環境を整備した日本一の教育を目指す。

なお、全国の教育委員会、自治体において、副業・兼業限定でGIGAスクール構想に関わる教育DX人材を公募するのは初めて。

さいたま市、教育DX人材募集の背景と概要

背景

文部科学省が掲げる「GIGAスクール構想」とは、令和時代のスタンダードな学校像として児童生徒への「1人1台端末」と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させる構想である。

GIGAスクール構想は、2023年度までの実現を目指し推進されてきましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大による学校の臨時休業の影響で、今年度末までに前倒しする方針に変更された。

それに伴い、政府は2020年度補正予算に関連費用2,292億円を計上し、各自治体に緊急の対応を求めている。

GIGAスクール構想の実現には、全国一律のICT環境の整備とともに、規模や特性が異なるそれぞれの自治体に合わせた主体的な推進が必要。

こうしたなかで、さいたま市教育委員会は、ICTを活用した日本一の教育を目指し、タブレット端末および高速大容量の通信ネットワーク整備などGIGAスクール構想の実現にいち早く着手してきた。

しかし、個別最適化された次世代の教育を実現するには、ICT環境を整備するだけでなく、Webサイトの制作やセキュリティ対策などでより専門的な知識を持ったICT・IT領域のビジネスプロフェッショナルとの連携が必要だと考えた。

また、GIGAスクール構想の全体図を描ける人材も必要なため、さいたま市教育委員会は今回、副業・兼業限定で、「教育DX人材」をビズリーチにて公募することに踏み切ったという。

今回の公募がGIGAスクール構想実現に向けた官民連携施策の先進モデルとなり、全国の自治体に波及していくことを目指す。

コロナ禍をきっかけに、約8割が「今後副業・兼業を行いたい」

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、ビジネスプロフェッショナルのキャリア観に変化の傾向が見られている。

ビズリーチ会員にアンケート*2を実施したところ、79%が「今後、副業・兼業を行いたい」と回答しており、副業・兼業への関心の高さがうかがえる。

またコロナ禍を受け日本の教育改革が急務とされているなか、87%が「教育のICT化は必要だ」と回答し、授業のオンライン化や、教職員以外のビジネスプロフェッショナルによる教育現場での講義の必要性を感じているという結果となった。

さらに、64%が「改革が求められる教育現場において、副業・兼業で活躍することに興味がある」と回答しており、教育現場で働くことに前向きな人が多いことがわかった。

今回、全国のビジネスプロフェッショナルに公募情報を広く発信し、より多くのプロフェッショナル人材が、教育改革の最前線で活躍する世の中を目指す。

さいたま市教育委員会 教育長 細田 眞由美氏 コメント

さいたま市教育委員会は、「GIGAスクール構想」実現の加速化を受け、株式会社ビズリーチ様のご協力のもと、「教育DX」を強力に推進するプロフェッショナル人材を副業・兼業限定で公募いたします。

時代は大きく変化しています。数年かけて準備していく予定だった教育のデジタル化は、今般のコロナ禍により、一刻の猶予もなく対応が迫られています。私たちは、変革のスピードについていくための力を付けなければなりません。
教育は未来を創る仕事です。さいたま市教育委員会は、前例にとらわれず、ドラスティックな改革を推進できる方々と協働し、日本の教育の未来を変えていきたいと考えています。

さいたま市教育委員会とSociety5.0時代の教育の青写真を一緒に描いていきましょう。

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 内閣参事官 上田 光幸氏 コメント

さまざまなセクターでDXが進み、それと同時にセキュリティ対策が組み込まれること(DX with Cybersecurity)が重要ですが、それにはプロフェッショナル人材の活躍が欠かせません。また、「GIGAスクール構想」をはじめとしたICT活用教育に関しては、これまでも文部科学省と連携し、子ども向け啓発リーフレットの作成などを実施してきました。

教育DXの現場に、企業等で活躍されているIT・セキュリティ人材が入り、現場と一緒になって課題を解決する。副業・兼業という形で、IT・セキュリティ人材に新たな活躍のチャンスをもたらし、DXを実行する、さいたま市の取り組みが素晴らしいモデルケースとなることを期待します。そして、このようなIT・セキュリティ人材の登用の動きが全国に広がり、わが国のDX with Securityが進むことを期待しています。

株式会社ビズリーチ 代表取締役社長 多田 洋祐氏 コメント

ビズリーチはこれまで、経済産業省様の副業・兼業限定「週一官僚」や、地方自治体活性化のための副業・兼業戦略プロデューサーなど、ビジネスプロフェッショナルに新たなキャリアの機会を創出してまいりました。そしてこのたび、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で急がれる「GIGAスクール構想」の実現に向け、さいたま市教育委員会様の教育DX人材の採用に協力することができ、大変うれしく思います。

本取り組みは、ビジネスプロフェッショナルの方々にとって、民間企業では得難い教育改革の最前線で活躍する機会となるでしょう。日本が解決すべき課題と向き合い、ご自身のキャリアの可能性を広げる機会にしていただけたら幸いです。

募集期間

2020年7月8日~2020年8月4日

応募方法

「ビズリーチ」のサイトから応募

募集ポジション(4職種)

 【副業・兼業】GIGAスクール・アドバイザー<プロジェクトマネジメント>

募集内容

さいたま市GIGAスクール構想の実現に向けた全体像設計およびIT戦略策定、施策実行に関する支援・プロジェクト管理、課題や進捗の可視化についての助言など

応募資格

  • 中期IT戦略策定、ITグランドデザイン策定、ITガバナンス強化等の経験をお持ちの方
  • プロジェクトマネジメントの経験(WBS作成、課題管理、ベンダーディレクション等)をお持ちの方
  • システム開発プロジェクトの上流工程経験(システム化構想、要件定義、基本設計)をお持ちの方

【副業・兼業】教育ICTインフラアドバイザー

業務内容

  • 児童・生徒が学びのために適切に端末を使用できるよう、インフラ専門家の観点からアドバイスを実施
  • タブレット等を使った授業や宿題が当たり前に行われる学校教育の実現に向けて、学校内外の通信環境、端末の通信環境整備に関する取り組みへのアドバイスなどを実施

応募資格

  • インフラのセットアップ等の経験をお持ちの方
  • 基礎的なセキュリティ知識をお持ちの方

 【副業・兼業】セキュリティアドバイザー

業務内容

  • 情報セキュリティポリシーの策定支援
  • 学校内システムのセキュリティ構築支援
  • 機密情報、個人情報の管理規定の策定支援と運用支援
  • CSIRT体制の構築支援など

応募資格

  • セキュリティ要件定義の経験をお持ちの方
  • セキュリティポリシーの作成、セキュリティ施策の策定経験をお持ちの方
  • セキュリティ管理体制の構築、CSIRT体制構築の経験をお持ちの方

【副業・兼業】デジタル&オンライン教育コンテンツアドバイザー

業務内容

  • オンライン学習・授業の整備、手立てや方法に関して、さいたま市の教育理念に合う形でアドバイスを実施
  • 協働学習用ソフト等学習履歴に関わる分野で、授業や教員実務に落とし込む体制の構築に関するアドバイスを実施

応募資格

  • 最新の教育コンテンツに関する知見をお持ちの方
  • オンラインセミナー等の企画・制作経験をお持ちの方
  • プロジェクトマネジメントの経験をお持ちの方

勤務時間

月4日程度を想定(応相談)

報酬

5,000円(勤務時間1時間以内)〜20,000円(勤務時間3時間以上)

交通費

別途支給(支給条件あり、上限額あり)

勤務地

埼玉県さいたま市

*1 文部科学省「GIGAスクール構想の実現について」

*2「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、働き方(副業・兼業)の変化に関するアンケート」

  • 対象:ビズリーチ会員
  • 調査期間:2020年6月15日~2020年6月21日
  • 有効回答数:1,700

※回答率は端数処理の関係で合計が100%にならない場合あり。