ITエンジニアの独立支援サービス「Midworks」プログラミングスクール「tech boost」など運営のBranding Engineer、東京証券取引所マザーズ市場へ上場

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長 長谷川 創、東証1部:6058)は、ベクトルグループの出資先である株式会社Branding Engineer(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO河端 保志・代表取締役COO 高原 克弥、以下「Branding Engineer」)が、7月7日、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場したことを発表した。

Branding Engineerは、「Break The Common Sense」を経営ビジョンに掲げ、ITエンジニアの独立支援サービスである「Midworks」を中心に、ITエンジニアに特化した転職サービス「TechStars」やプログラミングスクール「tech boost」等、ITエンジニアをトータルでサポートする事業を展開している。

ベクトルグループは、インベストメントベンチャー事業として、優良ベンチャー企業への投資活動にも取組んでいる。

資本面で支援に加え、ベクトルグループの中核事業である戦略PRサービスやIRサービスの提供をすることで、顧客の事業の成功および企業価値の向上をバックアップし、総合的な企業成長の支援をしている。

ベクトルグループは、顧客のコミュニケーション戦略のサポートや企業価値の向上も含めた幅広いサービスを展開し、今後もお客様とともに成長を実現していく。