ヒューマングループの語学学校インターナショナルハウス、高知県立嶺北高校の生徒にオンライン英語授業を提供

ヒューマンホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤朋也)は、カナダにある語学学校「インターナショナルハウスバンクーバー校」の講師が、高知県立嶺北高等学校公営塾「燈心嶺」の生徒に英語のオンライン授業を提供する取り組みを開始したことを発表した。

同校の公営塾で学ぶ生徒に対し、語学学校の現役講師が質の高い授業を提供。

英語に親しむことを目的としつつ、夏休みの特別授業では英語のオンラインラジオ番組を制作するなど、特色あるカリキュラムを展開する。

授業概要

  • ヒューマングループの語学学校が、高校生にオンライン英語授業を提供
  • 休み期間は英語のラジオ番組制作など、特色あるカリキュラム
  • ネイティブスピーカーの語学学校講師による質の高い授業を地方でも受講できる

今回の取り組みでは、ヒューマングループが運営する語学学校インターナショナルハウスバンクーバー校の現役講師が、嶺北高校の公営塾「燈心嶺」で学ぶ生徒6人を対象に、6月から8月下旬にかけて全11回のマンツーマンレッスンを提供する。

英語で自らを表現する力を養成すべく、具体的には、基本的な挨拶や趣味、地域の紹介、将来の夢といったテーマで基本的な英語に慣れる授業が行われる。

その後、夏休み期間の5日間はラジオ番組制作を目指したカリキュラムを展開。

生徒は、ラジオ番組のテーマを選び、台本の作成、リスナーからの想定質問と回答の作成、実際の放送までを、習得した表現を用いながらすべて英語で行う。

番組はオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を用いて、他の生徒も聴くことができる予定。

日程

6月30日(火)・7月17日(火)・7月21日(火)・7月28日(火)・7月30日(木)・8月4日(火) 各日60分間
8月17日(月)~21日(金) 各日90分間

※いずれも予定、変更の場合あり。

時間

午後9時30分~

方法

「Zoom」を活用し、生徒は自宅や学生寮からスマートフォン等で参加

ヒューマングループのグローバル人材育成に関する語学教育・研修への取り組みについて

ヒューマングループでは、教育事業を手掛けるヒューマンアカデミー株式会社を中心に、グローバル人材の育成を目指す大学・短期大学・高等学校を全力でサポートする。

語学留学だけではなく、オンライン学習・マンツーマン英会話プログラム・単位交換留学・提携する海外大学へ無試験で入学可能なパスウェイプログラムといった英語教育の連動型フルパッケージプログラムを提供している。

インターナショナルハウスについて

インターナショナルハウスは世界52カ国以上160校以上のネットワークを持つ実績のある語学学校。

1953年に創立して以来、語学教育はじめ教師養成においても質の高い語学教育を提供し続けている。

インターナショナルハウスバンクーバー校では、2020年度 留学生500人が選ぶNO.1語学学校として表彰されている。