オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」のChief Public Relations Officer(CPRO)に厚切りジェイソン氏が就任

オンラインプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」を運営するキラメックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:樋口 隆広、以下)は、2020年7月1日(水)付で厚切りジェイソン氏がTechAcademyのChief Public Relations Officer(以下「CPRO」)として就任したことを発表した。

厚切りジェイソン氏はCPROとして、オンラインスクールの「TechAcademy」および子ども向けプログラミングスクール「TechAcademyジュニア」の広報活動を行う。

ウェブCMに出演するほか、TechAcademyのYouTubeチャンネルやイベントなどを通して、プログラミングの魅力や意義などを発信していく予定。

「TechAcademy」CPRO 厚切りジェイソン氏就任の背景と概要

CPRO就任の背景

キラメックスのミッションは「世の中の自己実現の最大化」。

一人でも多くの人の自己実現につながるように、オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」を運営している。

キラメックスでは教育とは個の選択肢を増やすことであり、選択肢が増えれば自己実現の数も増えると考えている。

厚切りジェイソン氏はお笑い芸人、IT企業の役員、投資会社の設立など、あらゆる分野で活躍している。

またプログラミングへの造詣も深く、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でコンピューターサイエンスの修士号を取得、NHKの子ども向けプログラミング学習番組「Why!?プログラミング」にレギュラー出演している。

厚切りジェイソン氏はキラメックスの自己実現や教育、プログラミングに対する考えに共感し、今回新たにCPROとして就任する運びとなった。

厚切りジェイソン氏とキラメックス代表樋口氏の対談動画

厚切りジェイソン氏就任コメント

幼い頃に父がプログラミング関連の仕事をしていて、初めて自分でパソコンを触った時、新しい世界にワクワクしたのを今でも覚えています。

プログラミングを身につけると新しいチャンスを見つけることができるし、可能性も広がると思っています。プログラミングの仕事でなくても、考え方や中身を理解していれば色々な業界でプログラミングが役立ちます。そして子どもたちは、環境さえ整っていればいつでも新しいことに挑戦できます。

プログラミングに限らず、試行錯誤しながらどういうことが起きるのか、まずは自分で試してみたり、問題が起きた時はどうすればいいのか、実際にやることが大事。「プログラミングは自分に向いてない」と思わず、まずはとにかく何でもやってみてほしいです。以上!!