Schoo、法人向けオーダーメイド型オンライントレーニング『Schoo伴走サービス』を開始

株式会社Schooは、オーダーメイド型オンライントレーニング『Schoo伴走サービス』を開始することを発表した。

『Schoo伴走サービス』とは、Schoo専門コーチが1on1(1対1の面談)で社員に3カ月間、現場や研修・自己啓発などでの自主的学習方法を身に付け、モチベーションを維持しながら実務に反映し成果に繋げるまで伴走するサポートサービス。

スクー法人向けビジネスプランのオプションとして8月3日(月)よりサービスを開始する。

申込み・問合せは本日7月1日から受け付けている(申込先:biz-support@schoo.jp)。

スクー『Schoo伴走サービス』概要

サービス開始の背景

「人生100年時代」と言われるようになった今、企業の管理者(経営者・人事)は「従業員の社会人基礎力を育成したい」「自発的に学習する人材になってほしい」とより一層求めるようになっている。

ただ、昨今の在宅勤務の加速により、OJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)やコミュニケーション量が減少、部下ひとり一人の強み・弱みを把握したうえでの指導がしにくいというマネジメント層の課題が発生している。

さらに、従来の集合研修では物理的な距離の問題、単なるeラーニングの視聴では「自発的に学ぶ方法がわからない」「実践に活かす方法がイメージできない」「モチベーションが維持しにくい」といった社員側の悩みも起きている。

スクーができること

そこでスクーは、画一的な教育から、社員それぞれの主体的な学び、つまりは「自分で学ぶ」を促進するために『伴走サービス』を開発。

スクーが独自に制作した授業約5,000本から専門コーチがそれぞれの強みや課題にあったカリキュラムや学習計画を策定。

専門コーチが1on1を通じて、学習進捗や成長に向けての客観的なフィードバックなどを行い、3カ月で学びがスキルとして定着するまで伴走する。

完全オンラインのため、勤務地や雇用・勤務形態を問わず学ぶことができる。

1on1はコミュニケーション不足の解消、部下の課題を見つけ、成長を促進できるなどといった効果があり、導入する企業が増えている。

スクー法人向けビジネスプランの利用社数は累計1,300社(2020年6月末時点)を超えた。

スクーは単純な「研修動画サービス」を提供するのではなく、企業にあった研修プログラムの提案、「社員自ら学ぶ文化」を醸成できるようサポートしている。

今後もスクーは、すべての人が学び続けられる世界の実現、つまり、すべての人の卒業をなくすべく、楽しく学びやすい機会と環境を提供し、日本企業の成長に寄与していく。

『Schoo伴走サービス』の特徴

伴走サービスとは全体像

価格

3カ月60,000円(税抜)/人

注意事項

スクー法人向けビジネスプランのオプションサービスとなる。『伴走サービス』利用の際はビジネスプランの契約(1ID 月額1,500円〜)が必要。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。