近畿大学、コミュニケーションツール「Slack」を全学生・教職員計36,801人対象に全学導入

近畿大学(大阪府東大阪市)は、2020年(令和2年)7月6日(月)から、全学的なコミュニケーションの活性化とオンライン授業のさらなる円滑化を実現するため、Slack Japan 株式会社(東京都千代田区)が提供するメッセージプラットフォーム「Slack」を、日本の大学で初めて、全学生(大学院・短期大学部含む)・教職員、計36,801人を対象に導入することを発表した。

近畿大学、「Slack」導入背景と概要

  • 全学でのSlack導入によって、 学生・教職員間の新たなコミュニケーション基盤の構築を目指す
  •  オンライン授業でもSlackを活用することで、遠隔教育の質的向上につなげる
  •  Slackを導入し利便性を高めることで学生サポートを拡充する

近畿大学では業務効率化と仕事の見える化、さらには働き方改革を実践するために、平成29年(2017年)から総務部門と情報システム部門主導のもと、職員を対象にSlackの導入を段階的に進めてきた。

平成31年(2019年)4月には全てのキャンパス・拠点の職員に展開し、通常業務や各種プロジェクトにおいてSlackを利用して迅速な情報連携を行い、業務効率化を実現。

加えて、同年11月には理工学部情報学科の学生・大学院生を対象に、教育現場に試験導入した。

Slackは、現在全世界150カ国以上において、1,200万人の日間アクティブユーザーに使用されている。

教育現場では、米のエール大学やアリゾナ州立大学をはじめ、世界中の数多くの高等教育機関に全学導入されており、今回、近畿大学が日本の大学で初めてSlackを本格導入する。

近畿大学では、Slack Japan協力のもと、最上位の大規模組織向けプラン「Enterprise Grid」を利用し、6キャンパスのすべての学生・教員および学部運営に携わる職員にSlack導入をすることで、キャンパス・学部を横断したコミュニケーションの活性化、そしてオンライン授業の質的向上を目指す。

オンライン授業とSlack

近畿大学では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月11日(月)からオンラインで授業を実施している。

現在、教務ポータルシステムのUNIVERSAL PASSPORT(履修登録や掲示等)、Zoom・Google Meet(テレビ会議システム)、Google Classroom(学習支援システム)を駆使してオンライン授業を実施しているが、さらに円滑に進めるため、Slackを活用する。

大人数のオンライン授業や、オンデマンド(録画配信)授業で分からないことがあればSlackで気軽に質問することができ、加えて、課題の配布、回収等も必要に応じてSlackで行うことができる。

また、研究室、卒研ゼミ、基礎ゼミ、実習、講義などのプロジェクトやグループ単位でチャンネルを作り、対面や電話、メール等での従来のやり取りをSlackに変えることで、利便性を高め学生がいつでもどこでもサポートを受けることができる。

また、効率的に教育・研究を行うことも期待されている。

Slack Japan 株式会社 日本法人代表 佐々木聖治氏のコメント

このたび近畿大学には、日本の大学で初めて全学生と教職員の皆様にSlackをご活用いただくことになり、オンライン授業を始めとした、学びの質向上と教職員と学生の活発な双方向コミュニケーション実現の一助となりますことを、大変嬉しく思います。

近畿大学の先進的な取り組みの一環として、Slackを他のITツールと連携し、デジタルキャンパスを構築可能なプラットフォームとして定着させることで、大規模なオンライン授業でのきめ細かなサポートや、プロジェクト単位でのより効率的な教育・研究が推進できると確信しております。