HENNGE、文科省「GIGAスクール構想」を受け教育現場に安心・安全な学習環境を提供する「HENNGE One for Education」を発売

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、全国の国公私立の小学校、中学校、高校などを対象に(※1)、文部科学省が提唱する「GIGAスクール構想」(※2)を受け、教育現場に安心・安全な学習環境を提供すべく、「HENNGE One for Education」を2020年7月1日から発売することを発表した。

(※1)このプランの対象は、「GIGAスクール構想」の対象となる全国の国公私立の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校を設置する地方公共団体および学校法人を含む。

(※2)Society 5.0とは、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)のこと。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指す。

HENNGE One for Educationとは

文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」や各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議でとりまとめられた「クラウド・バイ・デフォルト」により、教育機関でのクラウド利用が拡がることが予想される。

先行する教育機関では、Microsoft 365 EducationやG Suite for Educationを活用したコミュニケーションツールの導入、Boxを活用した学習系・校務系のコンテンツ統合が進んでいる。

クラウド利用の増加に呼応して課題となるのが、

  1. さまざまなデバイスの安全な管理
  2. クラウドへの適切なアクセス制限
  3. 効率的なID/パスワードの管理

である。

HENNGEは導入実績1,500社を超えるHENNGE Oneの営業・技術知見を教育分野にも活かし、教育機関での利便性と安全性のバランスの取れたクラウド導入支援、複雑なID/パスワード管理からの解放を実現する。

対象機関

各種教育機関

製品構成

HENNGE Access Control、HENNGE Device Certificate(1枚)

ライセンス体系

児童生徒を除く教職員、及び管理者を課金対象とする。(見積、及び購入時は、教職員数と児童生徒数を申請)

最低購入数量

50

販売パートナー

SB C&S株式会社、シネックスジャパン株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社より提供(提供可能販売パートナーは随時更新)

HENNGE Oneとは

Microsoft 365、 G Suite、 Box、 LINE WORKSなど、 さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、 セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

各社のエンドースメント

株式会社アイキューブドシステムズ

株式会社アイキューブドシステムズ 取締役 営業本部長 林 正寿氏

アイキューブドシステムズは、HENNGE様の「HENNGE One for Education」発売開始を歓迎いたします。アイキューブドシステムの「CLOMO MDM」は、導入企業や学校のデバイス管理の負担を最小限に押さえることができ、昨今ではiPadが教育現場で活用されることで導入実績が増えており、この度、発表された「HENNGE One for Education」との親和性も高い製品となっております。両社の製品をお使いいただいているお客様には、より両製品の利便性を実感していただける環境が整ったと考えております。HENNGE様の「テクノロジーの解放で世の中を変えていく」というビジョンは、私どもの企業理念とも深く共通するものがあると考えております。現場で働く先生方や児童生徒ひとりひとりとその家族、すべての方々の笑顔を生み出すきっかけになることを期待しております。

サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社 代表取締役社長 眞柄 泰利氏

このたびの「HENNGE One for Education」提供開始、おめでとうございます。HENNGE株式会社様と当社は、「HENNGE One」と当社の端末認証サービス「サイバートラスト デバイス ID」のサービス連携により端末認証と多要素認証を実現し、企業や自治体などをはじめとするさまざまな利用シーンにおいて端末の安全な接続を支援してまいりました。このたび提供される「HENNGE One for Education」が、教育機関でのクラウド活用における利便性や安全性の向上と教職員の働き方改革に貢献するものと確信しています。

シネックスジャパン株式会社

シネックスジャパン株式会社 執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰氏

これまで長年に渡り文教市場における啓蒙活動とICT化実現を推進してきたシネックスジャパンは、「GIGAスクール構想」実現をサポートするために、製品・ソリューションの提供からトレーニングや問い合わせ窓口の用意など、ユーザーの視点にそったスキームを提供しております。その中でも、関心が高まっているセキュリティ分野において、クラウドセキュリティNo.1の「HENNGE One for Education」がラインナップに加わることは非常に頼もしい限りです。今後、HENNGE様との更なる連携を深め、「子供たち一人ひとりの創造性を育む教育 ICT 環境の実現」に向け、教職員、児童生徒・保護者の皆様にご安心いただけるサービスを提供してまいります。

SB C&S株式会社

SB C&S株式会社 ICT事業本部 MD本部 本部長 菅野 信義氏

SB C&S株式会社は、この度の「HENNGE One for Education」の販売開始を心より歓迎いたします。HENNGE株式会社様とは「HENNGE One」を「Microsoft 365」と組み合わせて多くのパートナー様、民間企業様向けに提供した実績があります。多数のクラウドサービスのIDを一元管理できるIDaaS分野でのニーズが高まっている中、教育機関様向けの「HENNGE One for Education」は、教育現場のデジタル化を加速させるものと確信しています。今後もSB C&S株式会社は、HENNGE株式会社様との連携を強化し、お客様へ優れたIDaaSを提供してまいります。

ダイワボウ情報システム株式会社

ダイワボウ情報システム株式会社 専務取締役 販売推進本部長  小峰 伴之氏

ダイワボウ情報システムは、「HENNGE One for Education」のリリースを心から歓迎いたします。当社は、国内最大級のITディストリビューターとして、国内外の様々なIT関連商品を取り扱い、全国約90の営業拠点による地域に密着したサービス&サポートの提供で、お客様にきめ細かく対応することを強みとしています。昨今、教育機関でのICT整備が急速に進み、様々なデバイスの採用やマルチOS対応が求められるなか、クラウドセキュリティ市場で数多くの実績を残しているHENNGE Oneの教育向けパッケージは、各教育現場のICT利活用の促進ツールとなると確信しております。

株式会社Box Japan

株式会社Box Japan 代表取締役社長 古市 克典氏

今回のHENNGE様における、「HENNGE One for Education」販売開始を心より歓迎いたします。Box Japanは、国内導入実績6,000社以上のお客様にCCM(※)という新しい価値を届けております。今後は、これまで以上に文教市場に対してペーパーレス、テレワークを推進すべく、「Box Relay」や「Box Shield」など 生産性向上・セキュリティに関わる機能強化をしております。今後、HENNGE様と営業・技術面の更なる協業を行うことで、教育機関に属する教職員・児童生徒のDX推進を行っていきたいと考えております。

(※)CCM:クラウド・コンテンツ・マネジメントプラットフォーム

Youtubeチャンネル