新潟ビジネス専門学校の水口さん、MOS 世界学生大会2020 Word部門で日本代表選考優秀賞を獲得

NSGグループの新潟ビジネス専門学校(NBC)の学生が、MOS 世界学生大会2020 日本代表選考(株式会社オデッセイコミュニケーションズ主催)において、専門学校の部のWord、PowerPointの2部門で、日本第1位となったことを発表した。

MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリストの略称でWord、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する資格であり、その累計受験者数440万人を超えている。

また、2020年度の本大会は、日本全国より延べ3万6千人を超える学生がエントリーした。

今回、MOS 世界学生大会2020 日本代表選考(株式会社オデッセイコミュニケーションズ主催)において、新潟ビジネス専門学校(NBC)の学生が専門学校の部のWord、PowerPointの2部門で、それぞれ日本第1位となる学生を輩出いした。

これで、2010年からMOS世界学生大会にエントリーを始めてから11回目を迎えるが、8年連続で日本第1位を輩出し、11回の挑戦で累計15名の日本第1位を輩出。

この人数は、出場権が与えられる全国の高校/専門学校/大学の中でも最多となる数である。

さらに、今回はMOS 世界学生大会180名の入賞者の中から二次選考を行い、日本代表を選出し米国で開催される決勝戦へ派遣予定だったが、5月中旬に米国主催者側から、「決勝戦は、新型コロナウイルスの影響により中止する」との発表があり、決勝戦への日本代表派遣は見送りとなった。

しかし二次選考は予定通り行われ、ワード部門で事実上の日本代表となる「日本代表選考 優秀者」として新潟ビジネス専門学校の学生が選出された。

同校から日本代表選考で選出された学生は2013年に次いで2人目となる。

結果一覧

Word部門: 日本代表選考 優秀賞 水口 羅々 (イベントビジネス学科)

新潟ビジネス専門学校はビジネスの総合学校としての教育の中で、オフィス環境で広く使用されている、Word、Excel、PowerPointについての習得を学科問わず、カリキュラム内で行っており、その延長としてMOSの世界学生大会に毎年エントリーをしているという。

全国最多の日本一と新潟県で唯一MOS世界学生大会 日本代表を選出している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。