出欠管理「Time Tact」と学習管理「Rinsely」、今年度無料の実証自治体・教育機関の募集を開始

株式会社Study Valley(東京都江戸川区東葛西5-13-9-405、代表取締役 田中悠樹)は、家庭から学校へ電話で実施されている欠席連絡、学校での出席簿管理及び学校からのお知らせ等を効率化する出欠管理支援・お知らせサービス「Time Tact」の事業を開始したことを発表した。

今回、既に事業展開している学習管理・学習支援サービス「Rinsely」(先生独自の教材を児童・生徒へ配信し、児童・生徒の学習進捗状況を把握できるサービス)と出欠管理支援・お知らせサービス「Time Tact」の実証自治体・教育機関の募集を開始している。

なお、今年度においては無償にて、出欠管理支援・お知らせサービス「Time Tact」及び学習管理・学習支援サービス「Rinsely」を利用することができる。

「Time Tact」とは

出欠管理支援・お知らせサービス「Time Tact」は、以下の特徴を持った校務支援サービス。

  1. 家庭からの欠席・遅刻連絡の柔軟化
  2. 学校からのお知らせをペーパーレス化
  3. 出欠確認と入力の効率化
  4. 出席簿の管理を効率
  5. アプリ以外での欠席連絡対応

「Rinsely」とは

学習管理・学習支援サービス「Rinsely」は、以下の特徴を持った学習支援サービス。

  1. 先生独自の教材を活用
  2. 児童・生徒の学習進捗状況/宿題などの提出状況を見える化
  3. 児童・生徒はマルチデバイスで課題提出・学習を実施

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。