誰でも楽しく簡単に絵本が作れるアプリ『絵本クリエイター』Android版をリリース

「心を癒すデジタルソリューション」の創造で、豊かな社会の実現を目指す株式会社ZAIZEN(本社:東京都渋谷区、代表取締役:江川涼一)は、2020年6月23日より「絵本クリエイター」のAndroid版アプリの配布を開始したことを発表した。

これまでアプリはiOSのみだったが、今回Androidアプリも提供開始。

より多くのユーザーに絵本を楽しんでもらえるようになった。

「絵本クリエイター」とは

「絵本クリエイター」は、アプリ上で絵本を作り、作った絵本を公開して、ユーザー同士で絵本を共有することができるアプリ。

絵本を作成するのも読むのも無料で利用できる(※一部アプリ内コインでイラストスタンプ購入)。

絵を描くことが苦手な人でも、イラストスタンプや背景スタンプを使って絵本を創作できるほか、イラストレーターなど他ツールで描いたイラストや画像を取り込み、絵本に配置することもできる。

また、「桃太郎」や「浦島太郎」等、誰もが知っている有名な絵本の登場人物とイラストスタンプを入れ替えてオリジナル絵本を作成することも可能。

作った絵本はアプリ内で公開できるほか、共有URLを発行すれば、アプリをダウンロードしていない人にもWEBブラウザで絵本を読んでもらうことができる。

作った絵本を公開することによって、あたたかい応援やフィードバックをもらうことができ、創作活動をより楽しむことが可能。

アプリ名

絵本クリエイター

利用料金

無料(アプリ内課金あり)

対応OS

Android7.0以上

特徴

①絵が苦手な人でも大丈夫!簡単に絵本が作れる!

プロが描いたイラストスタンプや背景イラストを組み合わせるだけで、すぐに絵本が完成する。

写真やオリジナルの画像を使って絵本を作ることも可能。

直観的な操作で、子どもでも簡単に絵本を作ることができる。

②あの有名な絵本を自由にリメイクして楽しめる!

「桃太郎」や「浦島太郎」「鶴の恩返し」など、有名な“お話”の登場人物と、イラストスタンプを自由に入れ替えて、オリジナルの絵本を作ることができる。

表現活動から長く離れていて「絵本のストーリーがすぐには思いつかない」という人でも、絵本づくりを楽しめる。

③作った絵本を公開して、たくさんの人に読んでもらえる!

絵本を作ったら、アプリ内で公開して、たくさんの人に読んでもらうことができる。

あたたかい応援やフィードバックをもらうことができ、創作活動をより楽しむことが可能。

④オンラインで絵本をプレゼントできる!

共有リンクを発行すれば、アプリをダウンロードしていない人にもWEBブラウザ上で絵本を読んでもらうことができる。

また、絵本には写真やオリジナルの画像を取り込むことができるので、遠く離れたおじいちゃんへの感謝の気持ちや、遠距離中の彼氏や彼女に誕生日祝いのメッセージを自作絵本にしてプレゼントすることが可能。

より魅力的な絵本のプラットフォームに

「絵本クリエイター」は、小さな子どもから絵本作家を目指すクリエイターまで、誰もが簡単に絵本を作ることができるよう開発されたアプリ。

子どものイマジネーションの育成に役立つほか、自分で作った物語を絵本にして親子で共有すれば、親子のコミュニケーションにも役立つ。

また、声の録音もできるので子どもがぐずった時や寝かしつけの時など、ママやパパの声で読み聞かせができてとても便利。

今後は、より多くのユーザーが絵本作りを楽しめるように、様々な機能の追加を行う予定。

ZAIZENでは、より多くのユーザーに気軽に絵本づくりを楽しんでもらえるよう、これからも努めていくという。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。