「たのしいmicro:bitコンテスト2020」開催決定、「Maker Faire Tokyo 2020」で決勝大会を実施

株式会社スイッチエデュケーション(以下スイッチエデュケーション、本社:東京都新宿区、代表取締役:小室真紀)は、教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品コンテストを、今年も株式会社オライリー・ジャパン(本社: 東京都新宿区)と共催することを発表した。

2019年に引き続き、グランプリを決める決勝大会をMaker Faire Tokyo 2020にて行う予定。

作品の応募受付は2020年6月19日(金)から2020年8月10日(月・祝)まで。

「たのしいmicro:bitコンテスト2020」開催概要

「たのしいmicro:bitコンテスト2020」は、マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品を募集する。

このコンテストの目的は「作って楽しむ」。

作ることそのものを楽しむ、作ったものを使って楽しむ、作ったものをほかの人と共有して楽しむ、など楽しみ方にもいろいろある。

日常のさまざまなものがプログラムで動いていることを知り、自分で考えたプログラムでものが動く楽しさを、本コンテストを通して、子供から大人まで、多くの人に体験してもらいたいと考えているという。

募集部門

募集部門は以下の2つ。

  • Kids&Family部門:小学生以下の子供+大人が対象
  • 一般部門:中学生以上が対象

応募方法

下記の2つのステップの両方が必要。応募締め切りは、2020年8月10日(月・祝)。

1. Twitterに動画投稿

作品が動作しているところの動画を、ハッシュタグ「#たのしいmicrobitコンテスト2020」を添えて、Twitterに投稿。

Twitterに投稿できる長さ(2分20秒)に動画をおさめること(作品展示・決勝大会では、作品が動作していることが必須条件となる)。

2. 応募フォームから作品登録

以下の応募フォームから、作品を登録。

フォームに従って、テキストの入力し動画を投稿したTwitterのURLも忘れずに、フォームに記載すること。

注意事項

  • 必ず、Twitterへの動画投稿と、応募フォームの送信の両方を行うこと
  • Twitterアカウントは13歳以上しか作成できないため13歳未満の場合必ず保護者が投稿を行うこと(詳細はTwitterサービス利用規約を参照)
  • 募集部門は、応募フォームに入力された生年月日をもとに自動的に振り分けられる。Kids&Family部門に応募する場合は、フォーム投稿時に保護者が子どもの生年月日で登録すること。

昨年の決勝大会の様子

「micro:bit(マイクロビット)」とは

イギリスのBBCが主体となって作った教育向けのマイコンボード。

25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、明るさセンサー、温度センサー、無線通信機能がついている。

イギリスでは11歳〜12歳の子供全員に無償で配布されており、授業の中で活用が進んでいる。

日本でも小中学校での導入が始まっている。