LoiLo、シンキングツールを使った授業デザインが体験できるオンライン研修会「夏のシンキングツール祭り」を7月31日・8月7日・14日に開催

LoiLoは、シンキングツールを使った授業デザインが体験できる「夏のシンキングツール祭り」をオンラインで開催することを発表した。

これはシンキングツールの第一人者である関西大学黒上教授をはじめ、全国から集まったシンキングツールを活用した授業に取り組む教員とともに授業デザインを行うイベント。

7月31日(金)、8月7日(金)、8月14日(金)の19時よりオンラインで開催する。

「夏のシンキングツール祭り」開催概要

これまで横浜、大阪、福岡で開催してきたシンキングツール大研修会を今回はオンラインで開催!

本研修会には、シンキングツールを使った先進的な取り組みを行っている教員が、シンキングツールアドバイザーとして参加。

参加者はアドバイザー教員の模擬授業を受講し、アドバイスを受けながら授業デザインを作成していく。

研修を重ねることによってシンキングツールを使った授業デザインを体験的に学ぶことができる。

今回の研修会では、次のようなプロット図を使って、単元全体を見渡しながら授業デザインを作成。

1回の授業だけではなく、単元全体でシンキングツールを効果的に使っていく方法が学べる。

また最終回では、日本におけるシンキングツールの第一人者である関西大の黒上教授から、作成した授業デザインについて講評を受けることができる。

作成した授業デザインは、Webに公開し全国の先生と成果を共有することができる。

日時・内容

時間は各回19時00分 〜 20時30分。3週連続での参加が前提となる。

参加費は無料。

  • 第1回:7月31日(金) 「シンキングツールアドバイザーによる模擬授業」
  • 第2回:8月 7日(金) 「シンキングツールを使った授業案の作成」
  • 第3回:8月14日(金) 「作成した授業案の発表会、黒上教授(関西大学)による講評」

参考

シンキングツールを使った授業場面が動画で紹介されている。

過去のシンキングルーツ大研修会の様子

ロイロノート・スクール オンライン研修会について

無料で参加できるオンライン研修会を定期的に開催している。

ロイロノート・スクールについて

ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代、生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。

小学校から大学まで、すべての授業で使える。

資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にできるため、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減につながる。

個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮。

マルチプラットフォームに対応しており、1日30万人以上が利用している。

全国で2000校以上、1人1台校では320校に導入されている。