兵庫県の神戸山手女子高等学校・中学校、リモート授業ツール「MAXHUB」の導入事例を発表

兵庫県の学校法人 濱名山手学院 神戸山手女子中学校・高等学校はナイスモバイル株式会社が販売する電子黒板、プレゼンテーションシステム、WEB会議システムが一つになったオールインワンミーティングボード「MAXHUB」の導入事例を公開した。

「MAXHUB」は、教育現場のリモート授業を加速させるハードウェアソリューション。

今回「学校法人 濱名山手学院 神戸山手女子中学校・高等学校」に導入され、リモート授業の様子と実際に導入してみてのインタビューを発表している。

新しい生活様式が求められる今後に、リモート授業を検討している教育現場の人々にMAXHUBを使ってどのようにリモート授業を行っているか見てもらいたいと考えている。

学校法人 濱名山手学院 神戸山手女子中学校・高等学校の「MAXHUB」導入事例

MAXHUB導入企業名

学校法人 濱名山手学院 神戸山手女子中学校・高等学校

MAXHUB導入前の課題

同校では、2018年度にiPadを活用したICT教育をスタートさせたが、教室内でその画面を映し出すのに、プロジェクタがいいのかそれともモニターがいいのか、どちらにもメリット・デメリットがあるため相当頭を悩ませていた。

そうしたなかでたどり着いたのが高性能モニターのMAXHUB。

MAXHUB導入検討のきっかけ

導入担当者の感心を集めたのはスタンド・アローンすなわち投影機のみで動画再生ができること。

工事が不要でパソコンを据え置く必要もないというのは驚きだったという。

その他にも、次のような点を評価していた。

  • ミラーリング機能が搭載されていること。
  • USBメモリを使って音声ファイルを流せること。
  • 大画面で見やすく、オーディオ出力の音質がとても良いこと。
  • タッチペンが高性能で使い勝手も良いこと。
  • 同校が導入している授業支援ソフトと本体の機能を使い分けられること。
  • 本体にPCの機能がついているため、Wifiを通して端末に送信したり、新しいソフトや映像などをいつでもバージョンアップできること。

ただし、即決することは本体価格が決して安くはないためできなかったという。

最終的には、付属オプションや保守なども含めて、「費用対効果」が見込めると判断して導入を決定。

導入後の使用方法、どのような効果がみられたか

新型コロナウイルスの流行により、想像もしない形で遠隔授業をはじめることになった。

同校ではZoomを用いることになったが、アプリの仕様上、教員のi-Pad画面では送信側のレジュメと受信側の生徒の様子を同時に見ることができず、何度も画面を切り替えなければならないために双方向授業がスムーズにいかなった。

しかし、MAXHUBを使えばリアルタイムで生徒の様子を一覧することができるため、ストレスなく普段通りの授業をできることがわかった。

おまけに、ミラーリング機能を使えば、カメラを通さずに教員の手元の画面を送れるので、高画質の動画も生徒は自宅に居ながらにして見ることができる。

テレビを見ているのと変わらない感覚で授業を受けることができた、と生徒の声がかえってきているという。

導入担当者のコメント

機種選定時には、色々な機能がついているのはいいけれども、皆が使いこなせるのか不安に感じていました。しかし慣れてくると、「こんなことはできないの?」「こんな機能はないの?」とさまざまな機能を活用して、積極的に新しい教育活動が展開されていくのを目にすることにいなりました。

特に遠隔授業がはじまってからは、MAXHUBの設備予約が殺到している状態で、台数を増やしてほしいという声があがっており、今後ますます活躍の幅が広がるものと思われます。まさに「習うより慣れろ」ですね。

実は、MAXHUBの導入はPTA組織である育友会・後援会からの寄付で実現しました。

ICT環境の整備にご理解・ご協力をいただいたことに大変感謝しています。

MAXHUBの導入に関して

  • 生産性の高いテレワークを実現させたい
  • 遠隔地にいるスタッフとのWEB会議の環境を整えたい
  • 効率良く、生徒の理解度の高いリモート授業を実施したい

このように考える事業主、教育現場の人々はこの機会に助成金を使ってMAXHUBを導入してみては。

製品説明や製品デモを遠隔(Zoom・Teams等)で対応している。