フランス発学費無料のプログラミングスクール「42 Tokyo」6月22日に開校、生徒187名が入学

一般社団法人 42 Tokyo(本社:東京都港区、代表理事 亀山敬司)は、フランス発のエンジニア養成機関42の東京校「42 Tokyo」を2020年6月22日(月)に開校し、187名の生徒が入学することを発表した。

※画像は2020年1月時点のもの。現在は生徒同士が十分に距離を保って学習できる環境を整えているという。

42 Tokyoは、年齢、学歴、性別に関係なく挑戦でき、学費が無料で校舎に24時間365日いつでも出入りできるなど、誰でも平等に教育を受けられる機会を提供する。

また、授業は学生同士が学びあう「ピア・ラーニング」方式を採用し、課題解決力が自然と身につく教育システムが構築されている。

2019年11月7日(木)から第1期生の募集を開始し、2020年1月6日(月)より入学試験Piscine(ピシン)を実施、その後世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受け、2020年4月開校予定を延期していが、オンラインで学習できる環境を整備し、コロナ禍でも問題なく教育機会を提供できると判断したため、2020年6月22日に開校する運びとなった。

今後については、入学する187名の生徒の安全を第一に考え、オンラインとオフラインによる学習を組み合わせながら、誰もが平等に教育を受けられる学校運営を行っていく。

「42」とは

フランス発のエンジニアの養成機関「42」は、フランスの実業家が2013年に設立。

2016年にはシリコンバレー校が設立、現在は16か国(※)で展開されており注目を集めている。

そして、2020年6月22日に、東京校である「42 Tokyo」が開校する。

※フランス、ベルギー、モロッコ、フィンランド、オランダ、ロシア、ブラジル、インドネシア、アルメニア、コロンビア、スペイン、カナダ、ドイツ、タイ、韓国、アメリカの16か国にて展開(2020年6月時点)

42 Tokyo運営の仕組み

42 Tokyoは、42の理念に共感する下記スポンサー企業の支援のもと、運営を行っている。

今後の運営方針

新型コロナウイルス感染拡大前は、オフライン(校舎)での学習を想定していたが、今後はオンライン学習も組み合わせ、生徒の安全を第一に考えた学校運営を心がけていく。

校舎での学習については、人数制限を設けるなどし、生徒同士が十分に距離を保てる環境を整備。

生徒の中にはオンライン学習の環境が整えられない人もいるため、しばらくはそのような生徒たちが校舎を優先的に利用できるよう調整するという。

「42 Tokyo」開校までの流れ

  • 2019年11月7日(木)~:第1期生の募集を開始
  • 2020年1月6日(月)〜1月31日(金):第1回入学試験を実施 311名
  • 2020年2月3日(月)〜2月28日(金):第2回入学試験を実施 380名 ※2020年3月2日(月)〜3月27日(金)の実施を予定していた第3回入学試験については、新型コロナウイルスにより延期。8月3日(月)〜8月28日(金)・9月6日(月)〜10月2日(金)の2日程で再開予定。
  • 2020年2月28日(金):開校を2020年4月から延期することを発表
  • 2020年4月6日(月):入学試験の合格者を対象に、オンライン上で実施できる日本独自の臨時プログラム”reloaded”の提供を開始
  • 2020年6月22日(月):開校 187名が入学

開校にあたってのコメント(抜粋)

脳科学者 茂木健一郎

「42」はあらゆる意味で革新的で、現代的で、すばらしい学校だと思います。 「42」に学ぶ人たちが、日本における破壊的イノベーションの中心となって、この国を、 そして世界を大きく変えていってくれることを期待しています。志ある方々は、ぜひ、「42」に集っていただきたいと思います。「42」には、人類の未来があるのです。

東京大学教授・慶応義塾大学教授 元文部科学副大臣 鈴木寛

日本のトップレベルのIT業界の人材不足は深刻です。 しすから、42がいつか日本に来てくれればと常々思っておりました。多額の寄付が必要なので、日本の開校は難しいかと思っておりましたので、2020年の42東京開校は、大変嬉しく思います。 オールジャパンで、応援して多くの優秀な人材を輩出していただけたらと思います。

東京大学教授・ディープラーニング協会理事長 松尾豊

パリの42本校は、学生が高いモチベーションをもって自ら活動しており、誰にも開かれた可能性、学生目線の施設運用、そして学生が学生を教えるシステムと、こういった仕みが日本でもできればと思っておりました。

駐日フランス大使 ローラン・ピック

42はとても革新的なメソッドを用いた最高の教育を皆さんへ提供し、日本においてダイナミックなエコシステムの出現やイノベーションを促進することを私は確信しています。42Tokyoが日本のイノベーションに貢献することに心から喜びを感じると共に、日本の皆さんが最高にイノベーティブな教育を恩恵することを願います。

合同会社DMM.com 会長 亀山敬司

家庭環境や学歴に関係なく、誰にでもチャンスを与える42の精神に共感して、東京への誘致を進めてきました。当面の運営資金はDMMで準備しましたが、将来は卒業生が成長し、稼ぐことで、少しづつでも寄付をして次に入る学生の学費を支えてくれる、そんな寄付の循環が生まれたら本当に良いな、と夢見ています。