WEB講座など運営のネットスクール、「NS簿記検定試験」合格者にデジタル認定証明書を発行

日商簿記検定や税理士試験などの簿記・会計系の教材出版及びインターネットによるWEB講座の運営などを行うネットスクール株式会社(代表取締役:桑原知之、本社:東京都千代田区)は、学習・資格等のデジタル証明を認証・発行する、一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク(代表理事 理事長:岸田 徹、本社:東京都新宿区)を通じて、2020年6月14日(日)に初めて「NS簿記検定試験※1」の1級、2級、3級受験を行い、さらに合格者へデジタル証明書のオープンバッジ※2を本日(6月19日)発行することを発表した。

NS簿記検定試験とオープンバッジ発行の概要

背景

新型コロナウイルスへの対策により、2020年6月14日に実施予定であった日本商工会議所主催の第155回簿記検定試験(以下、日商簿記)が全国すべての会場で中止となった。

今回の中止を受け、日商簿記への合格を目指し学んできた人々、日商簿記への合格を履歴書に記載し就職活動を行う予定であった人々など、多くの受験予定者の思いを耳にしたという。

特に来年へ向けた就職活動を行う学生や転職を控えている人にとっては、これまで身に付けた知識をもって就職を有利に進めるため、学習時間をかけて取り組んでいたようだ。

来年度は就職難になることも予想されることから、そうした就転職活動にも役立つよう、ネットスクールにて、オリジナルの「NS簿記検定試験」を6月14日にインターネット上で開催。

尚「NS簿記検定」は、企画当初、日商簿記の受験予定者のモチベーション維持や実力確認のためのものと位置付けていたが、日商簿記を就転職に活かす予定だった受験生も多いことから、NS簿記検定試験の1級、2級、3級の各合格証を、オープンバッジ・ネットワーク財団が発行する、ブロックチェーン技術を利用した改ざんされることのない強固なデジタル資格証明書であるオープンバッジ形式でも授与することを決め、6月18日に延べ495バッジ発行

オープンバッジによる合格証は、電子履歴書であれば貼り付けて提出することができる。

また、オープンバッジを受け取った企業は、合格証の有効性をインターネットにてすぐに確認することが可能。

さらにオープンバッジはSNS等での共有も簡単におこなうことができる。

「NS簿記検定試験」+「オープンバッジ」による実力の証明で、これまでかけた勉強の時間と身に着けた学習を証明する手助けを行いたいと思い、このほどの試験実施とオープンバッジ発行となった。

当日配信した動画

受験者数ならびにオープンバッジ発行数等

合格者に発行したオープンバッジ

受験日:2020年6月14日(日)

受験級 受験者数 合格者数ならびにオープンバッジ発行数
1級 273名 37名(バッジ)
2級 494名 138名(バッジ)
3級 448名 320名(バッジ)

用語解説

※1 NS簿記検定試験について

NS簿記検定は、6月14日に実施予定となっていた日本商工会議所主催の第155回簿記検定試験(日商簿記検定試験)が新型コロナウイルスの影響で中止となったことを受けて、6月の日商簿記検定に向けて学習を続けてきた受験生のモチベーション維持や実力確認のほか、就転職の際のアピールにしてもらえるよう、ネットスクール株式会社がインターネットを通じて実施したオリジナルの検定試験。

※2 オープンバッジについて

オープンバッジは、IMS Global Learning Consortium(IMS Global)が設定した国際技術標準規格。

オープンバッジ・ネットワークが認定した会員団体により、同会員団体の行う研修・資格・認定・検定・研修等に対し、オープンバッジの発行を行う。

受領されたオープンバッジは、受領者が自分専用のウォレットに貯めることができる。また、オープンバッジで証明する内容は、SNSやメール等で公開・共有したりすることが容易にできる。

公開されたオープンバッジは、その証明内容が有効なものであるかどうかを、インターネット上で誰でも簡単に、かつ瞬時に検証することができる。