AtCoder、5,087名が受験した第3回アルゴリズム実技検定(PAST)結果を発表

AtCoder株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:高橋直大、以下AtCoder)は、5月23日(土)〜6月6日(土)に実施した、プログラミングスキルを可視化する日本初のオンラインプログラミング検定「アルゴリズム実技検定」第3回試験の結果を発表した。

第3回アルゴリズム実技検定 受験結果と受験者アンケートの回答

①受験者数と検定ランクの分布について

第3回アルゴリズム実技検定の受験者数は5,087名で、最も多かったランクは初級の28.3%だった。

第3回試験の受験資格を無償提供したことにより、第2回試験に比べ受験者数が10倍以上に増加し、幅広い層から受験されている。

②受験者のプロフィール

(1)性別・年齢(N=891)

受験者の95.3%が男性。また10-20代の受験者が81.9%を占めている。

(2)職業(N=891)

最も多いのは会社員(技術系)の31.9%だった。

小学校以上の学生は合計で57.5%、パート・アルバイトを含む有職者は合計で39.7%だった。

(3)業務でのプログラミングへの関わり方(N=293、複数選択)

技術系有職者のプログラミング関連業務は「自分でコードを書く」が85.3%、「自分でアルゴリズムを考える」が68.3%だった。

また、プロジェクトマネージメント、コンサルティングを行う人も本検定を受験している。

③アルゴリズム実技検定について

(1)受験理由(N=891、複数選択)

80.6%が「プログラミングスキルを高めるため」と回答。25%が「周囲の人が受けていたため」と回答しており、学生・社会人の中で一定の認知が広がっていることが伺える。

また24.7%が「就職・転職活動に活用するため」に受験したと回答しており、プログラミングスキルの証明に本検定が活用されつつある状況が見られた。

(2)アルゴリズム実技検定の難易度と受けた感想(N=891)

72.1%が「難しかった/どちらかというと難しかった」と回答する一方で、94.7%が「楽しかった/どちらかというと楽しかった」と回答。

難しいと感じながらも楽しみながら受験している様子がわかる。

④アルゴリズム実技検定を受験した学生の就職意識

(1)学生受験者の就職意識(N=511)

本検定を受験した学生の76.3%がプログラミング関連の職種を志望している。

(2)学生受験者の希望する業務内容(N=390、複数選択)

希望する業務内容は「自分でコードを書く(96.7%)」、「自分でアルゴリズムを考える(85.6%)」が多い結果となった。

第3回アルゴリズム実技検定の問題

第3回アルゴリズム実技検定の問題をアルゴリズム実技検定Webページで公開している。

開催時と同様の形式で問題に挑戦、採点が可能。

第4回アルゴリズム実技検定について

第4回アルゴリズム実技検定は2020年秋を予定している。

詳細については、今後ニュースリリース、YouTubeチャンネル「AtCoder Live、公式TwitterアカウントFacebookページで告知される。

アルゴリズム実技検定の特徴

本検定は「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を問う、実践を想定した日本初の検定。

「知識型ではない」「受験者が得意なプログラミング言語を選べる」「アルゴリズム設計力・実装力を図る」という3点の特徴により、これまで定量的に把握することが難しかったプログラミング能力を評価することが可能になった。

ランク分け

獲得した点数に応じて5段階でランクを認定する。

  • 【問題数】15問(1問目=9点/2~3問目=8点/4~6問目=7点/7~15問目=6点)、100点満点
  • 【ランク】エントリー(25-39点)、初級(40-59点)、中級(60-79点)、上級(80-89点)、エキスパート(90-100点)

認定証

受験結果に応じて認定証が発行される。リアルタイム受験すると右上に時計マークが付与された認定証が発行される。