世界17ヶ国で実績をもつロボット工学カリキュラム「ROBBO」日本の学校に導入、経済産業省「EdTech導入補助金」を活用した導入希望校を募集

「ROBBO(ロッボ)」のロボット工学・3Dモデリング・電子回路設計クラスは、将来のイノベーターを育てるのに必要な全てのものが含まれている。

すでに世界17ヶ国で学校への導入実績のあるこの世界基準のロボット工学カリキュラムを日本の学校にも導入するべく、「経産省EdTech導入補助金」登録サービスとして導入を希望する学校を募集することを発表した。

「ROBBO(ロッボ)」のロボット工学を根幹にしたプログラミング・3Dモデリング・電子回路設計クラスの子ども達はロボット制作に必要なスキルを得られ、突き進めばエンジニアリングコンテストに勝つことができるまでになる。

ROBBOの使命は『Code Your Imagination(想像力 x 創造力)』。

テキスト通りに一からやり方を教える従来の教育方法ではなく、自由度を与えながら”自分の好きなように何かを作る楽しさ”を子ども達に伝えることを第一に考えているという。

すでにフィンランド、アメリカ、イギリス、スペイン、イスラエル、ギリシャ、タイ、インド、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、など17ヵ国の学校で既に採用されているこのカリキュラムを、今回日本の学校に導入することとなった。

納得できる品質を100%保証するために、導入する学校数は200校に限定。

ROBBO概要

ロッボの特徴

  • 世界的に知られているオープンソース(ハードウェアおよびソフトウェア)
  • 3Dモデリングしたものを実際にプリント(造形)するための装置
  • 海外で認められた教育大国フィンランドの近代的な教育メソッドを採用

「ROBBO」製品のコンセプト

ロボット工学の急速な成長にもかかわらず、将来のイノベーターの教育には多くの障害がある。

その際たるものが「ブラックボックス」という考え方。

”企業秘密”の名の下、完全に閉じられたのような環境下では、子ども達はシステムの構造を研究したり技術を完全に理解することが出来ない。

その結果、作り出すイノベーターではなくテクノロジーを使う一般ユーザーで終わってしまう。

一方、ロッボが提供するハードウェアもソフトウェアも全て「オープンソース」、つまり完全に一般に公開されているもの。

誰もがアクセスできるオープンソースにより、子ども達は自分の好きなように手を加えることができ、テクノロジーの本質や根本を理解できる高品質の教育を受けることができる。

そしてそれは、世界を変える『イノベーター』へのベストな道なのである。

  • オープンソースソフトウェアは、自分で調べたり、好きなように変えたり、自由度を与えられる。
  • オープンハードウェアは、動作原理を研究するために分解・組み立てが可能で、仕組みの本質を学ぶことができる。

「ROBBO(ロッボ)エンジニアリングイノベーションクラス」

ロッボのカリキュラムにより、学校の先生が子ども達に下記の教育内容を届けることができる。

  • 幅広い年齢層(6〜15歳)向けのロボット工学
  • 3Dプリントを使用した製品プロトタイプの作成
  • ロボット工学に情熱を持つ生徒へのコンテスト参加奨励
  • 技術的な装置の使用方法だけでなく、その組み立て方や製造方法の教育
  • ロボット工学に関するサマーキャンプの実施

機材の紹介

「ROBBOエンジニアリングイノベーションクラス」で使用する機材をいくつか紹介する。

ROBBOキットについて

ROBBOロボットキットは、5つの簡単な磁気マウントセンサーとLEDライトを備えた包括的なロボット製作キット。

子ども達はロボットをプログラミングし、センサーを変更して組み合わせることで複雑な技術をコピーすることができる。

セットの内容

  • LEDモジュールx 1
  • 光センサーx 1
  • タッチセンサーx 1
  • ラインセンサーx 2
  • 近接センサーx 1

製品の特長

  • 5歳以上から使用して学習することができる
  • マイクロエレクトロニクスとロボット工学の要点の理解を助ける
  • レッスンの次の段階として、簡単にロボットの仕様や性能を変更することが可能

ROBBOラボについて

ROBBO ラボは、固体の透明なカートリッジに梱包されたトランスミッターとコーディングセンサーを備えたマザーボード。

生徒はカートリッジの中を見られて、部分を失うことなくマイクロエレクトロニクススキームを調べられる。

製品の特長

  • 5歳以上から使用して学習することができる
  • サードパーティボードやアクセサリーを使用せず、マイクロエレクトロニクスと回路設計の基本が学べる
  • 電子回路設計の際に使うArduinoとの組み合わせが可能
  • レッスンの次の段階として、簡単にラボの仕様や性能を変更することが可能

ROBBO 3Dプリンターミニについて

ROBBO 3Dプリンターミニは、コンピュータで作成されたモデルに従って3D(3次元)の物理的なオブジェクトを製作するためのデバイス。

製品の特長

  • 3Dプリントチュートリアルとして設計されたプリンター
  • 組み立て済みもしくはDIYキットとして提供されている
  • 安全要件を満たすように設計されている
  • 高い耐久性
  • リーズナブルな価格