受験生の3人に1人が使う学習管理アプリ「Studyplus」学習データに基づいた全国59大学別の合格者データを限定公開

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)が運営する学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」に蓄積される学習データに基づいてレポーティングを行った、大学別の合格者データを限定公開することを発表した。

スタディプラスが運営する学習管理アプリ「Studyplus」は、累計の利用者数が 500万人(2020 年 1月時点)を超え、大学受験生においては全体の約40%が利用しており日々学習を記録している。

蓄積される「Studyplus」ユーザー学習データを活用して学習塾での指導に効果的な情報を届けるため、「Studyplus for School」は今回、大学受験に合格したユーザーの学習データを基に、全国59大学別の合格者データを作成し、限定公開する。

調査対象は、習慣的・継続的にStudyplusを利用し、2015〜2019年度に「達成報告」を行なったユーザー。

昨年発表した合格者データに、2019年度の入試のデータを踏まえてアップデートされている。

「大学別合格者データ」の概要

限定公開の対象

  • 「Studyplus for School」導入塾
  • 「Studyplus for School」を導入していない教育事業者

※導入塾は、フォームより申し込む必要はなし。

大学別合格者データの内容

  • 合格者の平均勉強時間(年間/月別)
  • 各教科の時期別参考書・教科書ランキング(4-6月/7-8月/9-11月/12-1月)

大学別合格者データの対象大学

59大学の合格者データは、下記のスケジュールで週ごとに順次公開される。

※一度申し込むと、全ての合格者データを閲覧できる。

6/12公開

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 東京大学
  • 名古屋大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 九州大学

6/15週公開

  • 一橋大学
  • 東京工業大学
  • 横浜国立大学
  • 筑波大学
  • 早稲田大学
  • 慶應大学
  • 上智大学

6/22週公開

  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 学習院大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学

6/29週公開

  • 東京外国語大学
  • 東京学芸大学
  • 東京都立大学
  • 埼玉大学
  • 神戸大学
  • 和歌山大学
  • 新潟大学
  • 広島大学
  • 岡山大学
  • 琉球大学
  • 日本大学
  • 東洋大学
  • 駒沢大学
  • 専修大学
  • 京都産業大学
  • 近畿大学
  • 甲南大学
  • 龍谷大学
  • 国際基督教大学
  • 東京理科大学
  • 明治学院大学
  • 津田塾大学
  • 東京女子大学
  • 日本女子大学
  • 成蹊大学
  • 成城大学
  • 武蔵大学
  • 獨協大学
  • 神奈川大学
  • 南山大学
  • 中京大学
  • 京都女子大学
  • 西南学院大学

Studyplus for School 概要

教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって生徒の学習進捗を可視化し、先生のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援するサービス。

現在、全国の学習塾・予備校約500校以上に導入され、少子化・採用難・地域格差という社会課題が広がる中で、教育機関の新しいあり方・先生の新しい働き方をテクノロジーで実現する、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を目指している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。