カシオ計算機、パソコンやタブレットで関数計算やグラフ描画ができる数学学習ツールの期間限定無料提供を開始

カシオ計算機は、パソコンやタブレット上で関数計算やグラフ描画ができるオンライン学習ツール『ClassPad.net』を、6月10日より提供開始することを発表した。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止により需要が高まっているオンライン授業にも利用できるよう、『ClassPad.net』のすべての機能を今年8月31日まで無料で公開する。

『ClassPad.net』概要

『ClassPad.net』は、数学計算やグラフ化が直感的に行え、数学や統計のオンライン授業に役立つ学習ツール。

動画配信型のオンライン授業や電子黒板を使った授業では、『ClassPad.net』を用いてグラフや図形を投影することで、板書の時間を短縮できるなど効率的に授業を進めることができる。

係数の増減によるグラフの傾きや変化などを動かしながら生徒に見せることで、数学の本質的な理解にも役立つ。

また、Web会議システムを使った双方向型のオンライン授業では、『ClassPad.net』を生徒と共有しながら見せることで、事前に投影資料を用意しておいて、それを画面に呼び込むなどの手間が省け、より臨場感のある授業の進行につながる。

授業中に作成したグラフや図形は、URLひとつで簡単に生徒と共有もでき、オンライン授業の質の向上をサポートする。

プランは、無料の“FREE” “BASIC”と、有料の“PLUS”※の3種類を用意。

※本日より2020年8月31日まで無料。9月1日以降は有料となる。

カシオ計算機は電卓のリーディングカンパニーとして、年間2,000万台以上の関数電卓を全世界に出荷している。

関数電卓の開発で培ってきた計算エンジンをソフトに応用し、2018年より海外向けに『ClassPad.net』英語版の提供を開始。

eラーニングが進む北米などでオンライン授業やウェブ試験に組み込まれ、数学教育に活用されている。

グローバルにSTEAM教育(Science, Technology, Engineering, Arts and Mathematics)への注目が集まるなか、国内でもプログラミング教育が必修になるなどといった動向を背景に、今回ポストコロナを見据えオンライン授業や学習でも利用できるよう日本語版の公開を開始した。

プラン 価格 ユーザー登録 利用可能機能例
FREE 無料 不要 関数計算、グラフ、統計、作図
BASIC 無料 描画したグラフや計算結果などの保存/共有
PLUS 有料 数式処理(CAS)、手書き数式入力

『ClassPad.net』の機能例

直感的な操作で誰でも簡単にグラフや図形、表を作成できる。

問題や解答欄を付箋で貼り付け、オリジナルな教材作成も可能。

グラフ機能

一次関数や二次関数だけでなく、三角関数、指数関数、対数関数など、様々な関数をグラフ化。スライダー機能では、式中の係数の変化によってグラフがどう変わるかを表示する。

統計と分析

2つの要素(x,y)からなるデータ群を散布図としてxy平面に表示。2要素に相関関係があるとき、回帰直線を示すなど、データの傾向を分析。

また、同一ディスプレイ上に複数のグラフや表を表示し比較もできる。

幾何機能

三角形の内角の和や、三角形の合同条件など、様々な初等幾何学の定理や問題を検証。

また、フリーハンドで入力した図形をデジタル化するため、簡単に作図ができる。図形の形状を変化させれば、それに伴い、辺の長さや頂点の角度、面積などを自動的に算出する機能も備えている。