小学館、子どもたちの未来に種子をまくイノベーションを目指す事業創造プログラム「小学館アクセラレーター」の募集を開始

株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)と株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:都築伸一郎、以下ShoPro)は、事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーター(注1)を運営する株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都千代田区、 代表取締役:鈴木規文)と共に、事業創造プログラム「小学館アクセラレーター」を2020年6月9日(火)から開始することを発表した。

「小学館アクセラレーター」では「子どもたちの未来に種子をまくイノベーション」をキーワードに、「エデュケーション」など3つの領域について事業プランを広く募集、採択された複数の起業家・事業家を支援しつつ、共に新たな事業創造を目指す。

子どもたちに未体験の価値を届け、笑顔あふれる豊かな未来を実現するためのイノベーションを共創すべく、たくさんの応募を受け付けている。

「小学館アクセラレーター」プログラム概要

コンセプト

激変する近未来に向けて従来型の教育システムが大きな転換期を迎えている今、「小学館アクセラレーター」では「子どもたちの未来に種子をまくイノベーション」をキーワードに、日本の、そして世界の子どもたちに向けて、革新的なサービスやコンテンツを共に創造していく起業家・事業家を募集する。

募集テーマ

①エデュケーション

主に幼児・児童・青少年・ファミリーを対象にした、これからの時代に求められる革新的な教育コンテンツや教育サービスに関連する事業

②キッズエンタテインメント

子どもたちの心を熱狂させる革新的なエンタテインメントコンテンツやサービスに関連する事業

③その他領域

小学館グループのアセットやデータを活用できる、①②以外の領域の事業も募集。

特に、小学館から連想される固定概念を壊すような事業(例:ペット・ヘルスケア・地方創生関連の事業など)

実施スケジュール

  • 2020年6月9日 :「小学館アクセラレーター」ビジネスプランの募集開始
  • 2020年7月6日:「小学館アクセラレーター」事前セミナー
  • 2020年8月31日 : ビジネスプランの最終提出期限
  • 2020年11月上旬 : 最終審査会・ビジネスプランコンテスト
  • 2020年11月〜2021年3月 : アクセラレータープログラム支援期間
  • 2021年3〜4月頃 : 成果発表会(デモデイ)

※ 上記の予定は変更される可能性がある。

選考方法

専用サイトより募集を受付。

書面・面談選考、最終選抜コンテストを通過して採択されたチームが、アクセラレータープログラムに参加することになる。