角川ドワンゴ学園とグルーヴノーツ、オンライントークイベント「これからの“学び”の話をしよう」を共催

子どもでも遊ぶように学べるAIプログラミングをはじめ、最新テクノロジーを駆使した教育事業「TECH PARK」を展開する株式会社グルーヴノーツ(以下、グルーヴノーツ)は、学校法人角川ドワンゴ学園(以下、角川ドワンゴ学園)と、これからの教育について語り合うオンライントークイベント「これからの“学び”の話をしよう」を共催することを発表した。

初回は6月12日(金)18時00分~19時30分に、「第0回 オンライン授業のリアルと可能性」を開催する。

キックオフとなる初回は、「オンライン授業のリアルと可能性」をテーマに実際のオンライン授業や生徒たちの様子、工夫・苦労しているポイントなどを紹介。

また、オンライン教育の可能性にフォーカスしながら、オンライン授業の経験・体験から見えてきた“オンラインでどのような学びを提供したら良いか”を登壇者だけでなく、参加者と双方向で議論していく。

「これからの“学び”の話をしよう」は、今後、テーマを広げ様々なゲストが登壇できるような内容でのシリーズ化を目指していく。

「これからの“学び”の話をしよう ~第0回オンライン授業のリアルと可能性~」開催概要

期間

2020年6月12日(金)18時00分~19時30分

登壇者

  • 園利一郎(学校法人角川ドワンゴ学園 経験学習部)
  • 佐々木久美子(株式会社グルーヴノーツ 代表取締役会長 テックパーク事業責任者)
  • 林田 暢明(「TAO」オーナー・総務省 地域力創造アドバイザー)

内容

  • 学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・N中等部におけるオンライン教育について
  • テックパークオンラインでの実践例について
  • トークセッション
    •  (1)オンライン教育の現場から
    •  (2)これからの”学び”のかたちとは?
    •  (3)何を”学ぶ”のか?
  • 参加者も交えたQ&Aセッション

対象

教育関係者(学校の先生及び学校経営者、民間教育従事者)、保護者

定員

100名

受講形式

ビデオ会議ツール「Zoom」を使用し、参加者はオンラインで受講

角川ドワンゴ学園とグルーヴノーツ/テックパークのこれまでの取り組みについて

角川ドワンゴ学園は、2016年開校以来、“ネットの高校”N高等学校の生徒に、社会接続するためのスキルを伸ばす場として、リアルな場での職業体験やスタディツアーを通し、能力向上プログラムの開発を進めてきた。

2018年より採択された、経済産業省『「未来の教室」実証事業』(平成29年度補正学びと社会の連携促進事業)において、2019年度は、グルーヴノーツが独自開発する中学生を対象とした機械学習教育コンテンツを組み合わせ、人間がAIと共存していく社会で必要となる能力を「創造的な課題発見・解決力」(チェンジ・メーカーの資質)と定義し、誰もがそれを手にすることのできる「学びの社会システム」の構築を目指して、機械学習を活用した課題解決スキル育成プログラムとして拡張。

2020年1月からN中等部にて、AIの概念を理解する学びと、“AIレジ”という機械学習を用いた無人レジの制作を通して、機械学習技術の活用を体験的に学ぶプログラムを導入し、実証事業を進めてきた。

▶|経産省「未来の教室」実証事業|角川ドワンゴ学園、グルーヴノーツ、ミミクリデザイン、機械学習による課題解決を体験的に学ぶプログラムを開発。N中等部で実証開始し、「STEAMライブラリー」で公開を予定