2019年宅建試験でカテゴリ的中率74%のAIによる試験問題出題予測サービス「未来問」、第1回目を無料提供

難関法律資格に特化したオンライン学習サービス「資格スクエア」を運営する株式会社サイトビジット(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭 政人)では、宅地建物取引士(宅建士)試験受験者向けにAIによる試験問題出題予測サービス「未来問(みらいもん)」の第1回目を5月29日(金)より無料提供開始したことを発表した(第2回目以降は有料)。

「未来問」宅建士試験無料提供の背景と概要

未来問とは、AIが過去問の出題傾向を学習することにより、試験問題を予測する試験問題出題予測サービス。

このAIは、過去問を自動的に分類する分類エンジンと、本試験の問題を予測する予測エンジンの2つから成り立っている。

このサービスでは過去問から今年出題される問題をAIが予測する。

宅建試験は宅地建物取引士(宅建士)になるための試験で、宅地建物取引業に必要な知識について問われるもの。

受験資格がないため、様々な人が受験する。不動産業界でキャリアアップを目指す人だけでなく、宅建士は法律資格の登竜門と呼ばれることもあり、法律学習の第一歩のために受験する人も少なくない。

例年、宅建試験の受験者数は20万人前後で推移し、合格率は約15%。

宅建試験の合格ラインは毎年70%前後で、出題される50問のうち35問に正解することが合格の目安になる。

それに対し、2019年に実施した宅建未来問では、74%のカテゴリ的中率(※1)を記録。

※1:宅建試験の場合、約30年分の過去問題をAIに学習させ、文章分類エンジンで93個のカテゴリに分類。さらに毎年度の出題傾向を学習させ、今年度の出題問題50題を予測。予想した50題のカテゴリと、本試験で出題された問題のカテゴリが一致した割合を「カテゴリ的中率」と呼んでいる。

宅建未来問は、「心強い」「合格への決定打となった」などといった声をはじめ受験者から好評価されており、これまで19,000名以上(2020年5月25日時点での「宅建2019未来問 第1回目」利用者延数)が利用している。

この結果を受けサイトビジットでは、2020年10月18日(予定)に試験を迎える宅建士試験に向け、宅建士試験を目指されるより多くの人々に未来問を活用してもらうべく、2020年宅建「未来問」 (第1回)の問題・解答・解説講義を無料公開している。

宅建未来問2019でカテゴリ的中した問題例